全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豪華クルーズ船寄港決まる 来年5月、奄美大島と喜界島へ 島々巡る旅で魅力発信

来年5月に奄美大島と喜界島に寄港予定のフランス社豪華客船=ポナン社提供

 フランス船社ポナンの豪華客船が2023年5月、鹿児島県の奄美大島と喜界島に寄港する。福岡県発着で鹿児島県や長崎県、韓国の島々を巡る国内富裕層向けクルーズの一環。企画した企業は「旅の主役は魅力的な離島。世界自然遺産の奄美大島、屋久島など島の自然や文化の素晴らしさを地元と一緒に発信していきたい」としている。

 南薩観光(本社・南九州市、菊永正三代表取締役)が、世界的なクルーズブランド・ポナン(本社・マルセイユ)と貸し切り船舶契約を結んで旅行商品を企画。菊永代表らが24日、鹿児島市のホテルで記者発表した。

 企画したのは来年5月22日に博多港を出港し、鹿児島本港を経由して屋久島、奄美大島、喜界島、下甑島、上五島、済州(チェジュ)島に寄港する8泊9日の旅。奄美大島(瀬戸内町古仁屋)には25日、喜界島には26日に寄港し、乗客は島固有の自然や文化に触れることができる体験メニューなどを楽しむ予定だ。船内では鹿児島県産の食材を使ったフランス料理を提供。奄美黒糖焼酎も味わってもらう。

 寄港予定の客船は、プライベートヨットを連想させる船体の「ル・ソレアル」(全長142メートル、総トン数1万700トン)。乗客定員は264人で乗組員は140人。客室は132室ある。小型のため大型客船が接岸できない小さな港にも寄港できる。

 記者発表で菊永代表は「新型コロナの影響で観光産業は低迷しているが、今後は旅行需要が回復する。提供するサービスの質を高めていくことが必要であり、地元食材の地産地消も図りながら持続可能なクルーズ船企画を展開していく」と抱負。

 同席したポナン社の伊知地亮日本・韓国支社長は「寄港地をすべて視察し、それぞれ島ならではの特徴があった。旅を通じて島の美しさを残していきたいと、乗客にも望んでもらえたらいい。地元と連携しながら地域に貢献できるクルーズを目指していきたい」と語った。

 企画商品は24日から発売開始。旅行代金は大人1人69万5000円~245万円。

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク