全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

レッドカーペット練り歩く 沖縄国際映画祭、奄美出身者も参加

レッドカーペットを歩いたあまみ応援団の米田さん(左)=17日、那覇市(写真提供:島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭@株式会社ラフ&ピース)

 第14回沖縄国際映画祭(同実行委員会主催)が16、17の両日、那覇市であった。今回、鹿児島県・奄美群島の出身者らが応援団として参加。17日は国際通りに設置されたレッドカーペットを練り歩き、奄美をPRした。

 きっかけは加計呂麻島が舞台となったドキュメンタリー映画「夫とちょっと離れて島暮らし」が特別上映されたこと。芸人応援団キャプテンの宮川たま子さん、奄美2世のマネジャー・松原彩香さんとの縁もあって、「あまみ応援団」を立ち上げた。

 応援団は奄美各島の出身者で構成した。団長は原田尚樹さん(喜界島)、奄美市から沖縄県に出向している米田俊也さんも加わり、映画祭の数日前から沖縄在住の出身者に「夫とちょっと離れて島暮らし」のよさをPR。17日は米田さんが沖縄県の自治体応援団と共に、「あまみ応援団」ののぼりを掲げてレッドカーペットを歩いた。

 映画祭は沖縄県内各地で映像作品の上映やライブなど多彩なイベントを実施した。2日間の総動員数は延べ1万8千人(主催者発表)。米田さんは「世界自然遺産に登録された沖縄・奄美は今後とも連携を強化していく必要がある。映画文化を通しての友好も深まればと思う」と話した。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク