全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪大社上社御柱祭 「御柱休め」無事終了 長野県

御幣を持った子どもが先頭に乗り、八立神社に向かう前回の本宮一之御柱

 2016年の諏訪大社御柱祭で建てた御柱を横たえる「御柱休め」は23日、長野県諏訪市の諏訪大社上社本宮であり、同市中金子にある八立神社の氏子約90人が参加した。本宮一と本宮二を横たえ、同神社まで厳かに曳行した。これにより本宮と前宮の御柱8本の御柱休めが無事終了。新しい御柱を建てる「建て御柱」は各地区の奉仕により、5月5日に行われる。

 新型コロナウイルスの対応などから3日間の日程で行い、16日に前宮の4本、17日に本宮三と本宮四を横たえた。最終日は神事に続いて本宮二、本宮一の順に作業し、本宮一は根元を2メートルほどバックホーで掘り、クレーンを使ってゆっくりと傾かせた。御柱に感謝をささげる横断幕を掲げ、参拝客が見守る中で静かに作業を進めていた。

 本宮一と本宮二は、それぞれ先頭部分を地車(台車)に載せ、「社の御柱お休みだ」の木やりを受けて出発。マスク姿の氏子たちは「よいさ、よいさ」と力を合わせて曳行し、約4時間で八立神社に曳き着けた。

 御柱を元の普通の木に戻す「御柱休めの儀」は6月19日に同神社で行われる。ここまでが「古御柱祭」と呼ばれ、中金子の氏子によって438年間受け継いでいる。

 古御柱祭祭典委員会の岩波正幸委員長(72)は「新型コロナの影響で区民参加の形態ではできなかったが、無事に御柱8本のお休めができて安堵している。伝統の奉仕を後世につなげていきたい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク