全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“入れ食い状態”に歓声 鶴岡由良 「海洋釣り堀」オープン

 鶴岡市由良の「海洋釣り堀」が23日、今シーズンの営業を開始した。家族連れや若者グループが足を運び、ギンザケを釣り上げ歓声を上げていた。

オープンした由良海洋釣り堀。雨の中、家族連れが釣りを楽しんだ

 初日はギンザケ4000匹程度が放流され“入れ食い状態”に。初めて釣りをする子どもに餌の付け方を教える家族や、釣った魚の数を競い合う子供たちの兄弟もいた。山形市から幼児連れで訪れた30代の父親は「子どもでも釣れてよかった。あいにくの雨だが来てよかった」と話した。

 釣り堀を運営する由良自治会活性化委員会の遠藤米太郎会長は「子どもでも釣るのが簡単なギンザケを放流した。昨年より量も多く、初めての人も気軽に来てほしい」と話した。

 今シーズンは10月16日まで土日祝日を中心に営業。29日―5月8日の大型連休期間と由良海水浴場開設期間中は休まず営業する。時間は午前9時から午後5時まで。入場料は高校生以上1200円、中学生以下600円、入場のみ1000円。問い合わせは同釣り堀=電0235(73)2666=へ。

関連記事

長野日報社

「宝剣岳エール」仕込み 長野県駒ケ根市、宮田村産大麦のビール造り

 長野県駒ケ根市や宮田村、酒造会社などが連携して進める地元産大麦を原料にしたビール・ウイスキー造りプロジェクトの一環として、地ビール「宝剣岳Ale(エール)」の仕込み作業が30日、同村の南信州ビ...

コロナ禍からの回復を 市観光交流協会が総会

 一般社団法人石垣市観光交流協会(会長・中山義隆市長、301人)は30日夕、2023年度第60回通常総会を市内ホテルで開き、22年度事業と23年度事業計画の報告などを通してコロナ禍からの観光回復に決意を新たに...

北羽新報社

中国木材、来年稼働の能代工場製材棟を公開

 製材最大手「中国木材」(広島県呉市)は30日、能代工業団地(能代市扇田)で建設を進める能代工場の「製材棟」を市、市議会、マスコミに公開した。東日本の基幹工場と位置づける国内六つ目の国産材生産拠...

釧路新聞社

乗り合い交通、今秋試行 根室市が公共交通計画【根室】

 【根室】市は30日、持続可能な公共交通の在り方をまとめた「根室市地域公共交通計画」は公表した。同計画に即した鉄路とバスの施策はすでに展開中で、いずれも好調な利用状況にあるという。秋にはタクシー・...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク