全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

伝統の草刈り大会に汗 新型コロナで縮小開催 八重農

八重農の伝統行事「草刈り大会」で、刈り取ったチガヤを両手に抱え斜面を降りる生徒たち=22日午前、カラ岳

 八重山農林高校(与那嶺国彦校長・289人)の創立から続く伝統行事「草刈り大会」が22日午前、白保のカラ岳南側で開催された。昨年に引き続き今年も新型コロナ感染対策のため午前のみの縮小開催。時折陽が差す天候の中、生徒たちは刈り取ったチガヤを両手いっぱいに持って運び、すがすがしい汗を流した。

 草刈り大会は、同校農業クラブ活動の一環として毎年1回、全校生徒が参加して実施。刈り取ったチガヤは土壌改良のための敷草として活用される。

 この日、生徒たちは実習服に長靴、軍手姿で鎌を使って一面に生えたチガヤを刈り取り、記録・集計場所で刈り取った量を計測。1回で数㌔~20㌔近く運ぶ生徒もおり、互いに協力しながら、重さを競い合った。

 学年ごとの基準量も設けられており、男子は1年が15㌔、2年が20㌔、3年が25㌔。女子は1年が10㌔、2年が14㌔、3年が15㌔となっていた。

 鎌を初めて使ったというライフスキル科1年の上原加奈さん(15)は「始めは鎌の使い方がよく分からなくて大変だったけど、だんだん慣れてきた」と笑顔。

 ライフスキル科3年の兼本奈々美さん(17)は「昨年雨が降っていたから、今年は晴れていてよかった。最後の年なので、目標の15㌔を目指してがんばりたい」と意気込み。

 一度に18㌔のチガヤを運んだ具志堅興乃介君(17)=3年=は「普段から草刈りの手伝いをしていて、筋トレみたいな気持ちで毎回やっている。みんなで集中してやる草刈りも楽しい」と明るく笑った。  結果発表や表彰は、来月9日に開催される第1回校内農業クラブ大会で行われる予定。

関連記事

紀伊民報社

防砂ネットを撤去 橋杭海水浴場

 南紀串本観光協会は27日、和歌山県串本町くじの川の橋杭海水浴場に設置していた防砂ネットを撤去した。海水浴場では4月からビーチハウスの営業が始まり、イベントの開催も計画している。  ネットは、冬...

荘内日報社

鶴岡市・酒田市・庄内町 水道事業を統合 広域水道企業団設立目指す

 鶴岡、酒田、庄内の3市町の水道事業を統合し広域水道企業団の設立を目指す「庄内広域水道事業統合準備協議会」の設立総会が28日、酒田市役所で開かれた。3市町の水道事業を水平統合した企業団による事業を2026...

苫小牧の本田青果店 笑顔で別れ 「朝市」から始まり半世紀超 31日に幕

苫小牧市港町の「海の駅ぷらっとみなと市場」で、前身の公設食品卸売センター時代を含めて長年営業してきた「本田青果店」が31日、閉店する。店主の本田勅子さん(81)は、昭和の中ごろまで苫小牧駅前にあっ...

ばんえい十勝 名馬五頭 引退セレモニー

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。  引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、ア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク