全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

節目祝いさらなる発展誓う 山大農学部創立70周年記念式典

山形大農学部の創立70周年を祝う式典が開かれた

 山形大学農学部の創立70周年記念式典が14日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で行われた。関係者が節目の年を祝うとともに、さらなる発展を祈念した。

 同大農学部は1947年1月に開校した県立農林専門学校が前身。2010年には生物生産、生物資源、生物環境の3学科を改組して、食料生命環境学科に一本化、1学科6コース体制を取る。

 この日は関係者約150人が出席した。初めに林田光祐農学部長が「創立以来、学部と農学研究科が輩出した人材は1万人に迫り、卒業生の幅広い活躍は大きな誇り。豊かな自然に恵まれた庄内地方の特性を最大限に生かした教育・研究を展開し、グローバル化に対応した人材の育成、知の拠点としての機能を充実させ、地域発展にさらに貢献する決意を新たにしている。節目に関係諸先輩の努力に感謝し、新たな飛躍に向けて進みたい」と式辞を述べた。

 続いて山形大の小山清人学長が「発足の原点には、農林専門学校開校に必要な土地、施設設備を鶴岡市が準備し、寄付するという決断があった。この市民の犠牲と熱意を忘れずに、研究と教育に励んでいくことを誓う」とあいさつした。

 その後、農学部や農学研究科のOB4人がリレー講演。「当時の農学部をふりかえって」をテーマに、恩師との思い出や、在校生へのメッセージを語った。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク