全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

節目祝いさらなる発展誓う 山大農学部創立70周年記念式典

山形大農学部の創立70周年を祝う式典が開かれた

 山形大学農学部の創立70周年記念式典が14日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で行われた。関係者が節目の年を祝うとともに、さらなる発展を祈念した。

 同大農学部は1947年1月に開校した県立農林専門学校が前身。2010年には生物生産、生物資源、生物環境の3学科を改組して、食料生命環境学科に一本化、1学科6コース体制を取る。

 この日は関係者約150人が出席した。初めに林田光祐農学部長が「創立以来、学部と農学研究科が輩出した人材は1万人に迫り、卒業生の幅広い活躍は大きな誇り。豊かな自然に恵まれた庄内地方の特性を最大限に生かした教育・研究を展開し、グローバル化に対応した人材の育成、知の拠点としての機能を充実させ、地域発展にさらに貢献する決意を新たにしている。節目に関係諸先輩の努力に感謝し、新たな飛躍に向けて進みたい」と式辞を述べた。

 続いて山形大の小山清人学長が「発足の原点には、農林専門学校開校に必要な土地、施設設備を鶴岡市が準備し、寄付するという決断があった。この市民の犠牲と熱意を忘れずに、研究と教育に励んでいくことを誓う」とあいさつした。

 その後、農学部や農学研究科のOB4人がリレー講演。「当時の農学部をふりかえって」をテーマに、恩師との思い出や、在校生へのメッセージを語った。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク