全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

児童たちが伝統の人形浄瑠璃

とくぢ伝統芸能まつりで成果を発表する中央小の6年生たち(徳地文化ホールで)

 山口市徳地堀の中央小(柴田眞弓校長)は、伝統文化「徳地人形浄瑠璃」を残そうと、6年生が保護者や地元住民向けの上演会を予定している。11月10日の本番を前に、15日には「第3回とくぢ伝統芸能まつり」で披露し、課題などを確認。チラシの作成や舞台背景づくりも、児童が主体となって進めている。

 徳地人形浄瑠璃は、本場大阪との徳地和紙の取引をきっかけに、明治の初めごろから指導者が移り住むようになり、住民らに教えたのが始まり。最盛期は大正の中頃で、地元では三味線を持つ家も多かった。1976年には県の無形民俗文化財に指定されている。演じるのは毎年、絵本大功記「尼崎の段」の見せ場である操さわりの場。明智光秀がモデルの武智光秀が、主君の小田春長を討った後、尼崎に住む母の皐月(さつき)のもとを訪問。敵の真柴久吉が入浴していると勘違いして、皐月を竹やりで突き刺してしまい、妻の操からいさめられるというもの。

 上演会に向けては、同浄瑠璃保存会(池田大乗会長)メンバーの指導で、6月末から24人が練習を開始した。物語の流れを把握するため、夏休みまではDVDを使って全員が「語り」を自習。以降は付け打ちや人形繰りといった役を決め、総合の授業を使って週1回練習。今年は柴田校長も三味線で参加する。上演会は、徳地堀の徳地文化ホールで11月10日午前10時から開かれる。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク