全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

豊穣祈る春の御頭祭 長野県の諏訪大社上社前宮

前宮の十間廊上段の間に安置された御霊代に鹿の頭部をささげる神職

農作物の豊穣を祈る長野県の諏訪大社上社の例大祭「御頭祭(酉の祭り)」が15日、御霊代を諏訪市中洲の本宮から茅野市宮川の前宮に移して行われた。前宮の十間廊で神前に鹿の頭部(剥製)をささげ、北島和孝宮司が祝詞をあげた。

御霊代を乗せたみこしは茅野市泉野の中道、槻木両区の氏子に担がれ、行列を伴って本宮から前宮に運ばれた後、十間廊の上段の間に安置された。みこしを担ぐ氏子たちは黄色の衣装に身を包み、奉仕に誇りを感じながら本宮、前宮間約1・5キロを往復した。御霊代の前後は神職、御頭郷地区の原村・本郷・境の大総代や区役員、諏訪大社大総代らが連なった。

十間廊では、鹿の頭をはじめ鳥獣魚類などが供えられた。祝詞をあげ、玉串がささげられた。境内の内御玉殿や若御子社でも神事が行われた。最後に参列者全員が本殿の方向を見つめて頭を下げた。

初めてみこしを担ぐ奉仕をした伊藤亮太さん(41)=中道=は「みこしの重みから伝統の重みを感じた。父に代わり、今回初めて担がせてもらったが、この伝統をしっかりと守っていかなければいけないなと感じた」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク