全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市5週連続「そば三昧」開幕

ゆで上がった行者そばを盛り付けていく伊那市荒井区の女性たち

 伊那市荒井区は15日、第31回行者そば祭りを同市の内の萱スポーツ公園で開いた。あいにくの雨となったが、県内外から大勢の人が来場し、昔から脈々と受け継がれるそばの味に舌鼓を打った。

 荒井区役員や有志が協力して運営。同市のそば打ち名人らが打ち手となり、区民が大釜でゆでたり、ざるに盛り付けたりして約1700食を振る舞った。

 行者そばは奈良時代、修行途中の行者が残した一握りのソバの種を村人が守り育てた│という説がある。江戸時代に高遠藩主により、大根おろしの汁に焼きみそを溶いた辛つゆで味わう食べ方が広がったとされる。

 家族で訪れた愛知県西尾市の会社員男性(47)は「歯応えがあり、香りもいい。辛つゆがよく合います」。小林建正区長は「この雨の中でも行者そばを愛する皆さんが集まってくれた。伝統の祭りを大切にし、さらに発展させていきたい」と話していた。

 この祭りを皮切りに、伊那市の5週連続「ぶっとおしそば三昧」がスタート。21、22日は西箕輪のみはらしファームで信州伊那新そばまつりがある。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク