全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市5週連続「そば三昧」開幕

ゆで上がった行者そばを盛り付けていく伊那市荒井区の女性たち

 伊那市荒井区は15日、第31回行者そば祭りを同市の内の萱スポーツ公園で開いた。あいにくの雨となったが、県内外から大勢の人が来場し、昔から脈々と受け継がれるそばの味に舌鼓を打った。

 荒井区役員や有志が協力して運営。同市のそば打ち名人らが打ち手となり、区民が大釜でゆでたり、ざるに盛り付けたりして約1700食を振る舞った。

 行者そばは奈良時代、修行途中の行者が残した一握りのソバの種を村人が守り育てた│という説がある。江戸時代に高遠藩主により、大根おろしの汁に焼きみそを溶いた辛つゆで味わう食べ方が広がったとされる。

 家族で訪れた愛知県西尾市の会社員男性(47)は「歯応えがあり、香りもいい。辛つゆがよく合います」。小林建正区長は「この雨の中でも行者そばを愛する皆さんが集まってくれた。伝統の祭りを大切にし、さらに発展させていきたい」と話していた。

 この祭りを皮切りに、伊那市の5週連続「ぶっとおしそば三昧」がスタート。21、22日は西箕輪のみはらしファームで信州伊那新そばまつりがある。

関連記事

紀伊民報社

最南端でひんやり かき氷いろいろ

 残暑が続く中、和歌山県串本町や古座川町では懐かしい味や和菓子店が作る本格派、地元産の素材にこだわった高級路線など、個性的な味わいのかき氷が人気を集めている。  串本町西向の「海出」は、夏季限定...

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク