全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

霜降山の温見古道が復活 有志が整備【宇部】

温見古道を歩く山根会長(霜降山で)

 宇部市の霜降山には幾つもの登山道がある。厚東吉見の温見地区に登山口がある「温見古道」は、植物が生い茂り近年は廃道となっていたが、同地区出身の伊藤信夫さん(69)ら、NPO法人霜降会(山根正弘会長)が整備し、持世寺からの登山道につながる徒歩約40分の山道を復活させた。

 温見古道は、1903(明治36)年に製作された地図に記載がある。伊藤さん自身も70年ごろまで同古道を通り、その先にある堤で遊んでいた。もう一度通れるようにして思い出の堤を知ってもらいたいと、昨年11月から整備作業を開始。かつての踏み跡を頼りに、その上を覆うシダなどを刈っていった。

 手探りでの作業のため道を外れてしまうこともあったが、同会メンバーの協力もあり、幅1・5メートルほどの道を開いた。急な傾斜は山中にあった大きな石を使って階段状にし、ロープを張るなど工夫。季節ごとの山の彩りを楽しめるように花木は残して、木製の案内板を7カ所に設置した。

 3日に行われた同会の月例会では、会員ら約50人が初めて古道を散策した。緩やかな勾配に「歩きやすい」と好評。「癒やしの湖」と名付けた思い出の堤からは本城と後城を一望でき、会員たちを喜ばせた。

 登山口付近に住む藤本和子さんも「登山者が増え、温見がにぎやかになってうれしい」と笑顔を見せる。

 山根会長(68)は「今はまだ土が軟らかいので、たくさん歩いて道をならしてほしい。新たなルートとして楽しんでもらえれば」と話した。

 近日中に市のホームページに新しい登山地図を掲載。今後は、秋や春の登山シーズン前に保全作業を実施する。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク