全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

池田に新製材工場 来年2月完成へ 十勝広域森組

 十勝広域森林組合(本所・芽室町、広瀬重雄組合長、総代218人、組合員1368人)の臨時総代会が12日午前、池田町西部地域コミュニティセンターで開かれ、町利別南町にカラマツやトドマツを扱う新たな製材工場を建設することを決めた。2013年に稼働した製材工場に次ぐ第2工場で、総事業費は約14億円。8月の着工、来年2月の完成を予定している。

「建築用材の付加価値を高めていきたい」とあいさつする広瀬組合長

 臨時総代会には書面を含む216人が出席。議案は固定資産の取得と製材第2工場新築計画に関する2件で、いずれも可決された。

 計画によると、建設予定地は既存工場の南側に隣接し、現在は農地となっている場所を購入する。新工場は鉄骨造り平屋建てで、建築面積は2283平方メートル。チップヤードや外構舗装などを含む全体面積は1万2458平方メートル。

 既存工場は梱包(こんぽう)材やパレット材の生産が中心だが、新工場では幹の太さが30~50センチの大径木に対応する送材車を導入し、集成材用原板(ラミナ)の生産体制を拡大する。年間目標は原木の使用量が2万7500立方メートル、製材品の生産量が年間1万2900立方メートルで、売上高見込みは6億2441万円。

新たな製材工場の建設予定地。周囲にくいが打たれている

 総事業費のうち、町が過疎債を活用して建設費として1億円を補助する。農地取得や農地転用などの手続きを経て、早ければ8月に着工し、来年2月末の完成見通し。操業後の新規雇用は12人の予定。

 広瀬組合長はあいさつで、4年前から協議を進めてきた経緯に触れ、「製材の出口としての木材利用、循環型社会の観点から有限である資源活用、梱包パレット材だけでなく、建築用材の付加価値を高めることが目的」と説明。出席した総代からは新工場の必要性などの質疑があり、「コロナやウッドショックといった厳しい時代だからこそ、林業の活性化や収益を上げるための設備投資を進める判断に至った」と述べた。

 同組合は08年に十勝中央(芽室、帯広、中札内)、池田、豊頃の3組合が合併して誕生。森林組合としては道内最大規模を誇る。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク