全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「島医者」目指す 専門研修「南ぬ島」開始 八重山病院

総合診療科の専門研修プログラム「南ぬ島」第1期生の塩川絹江さん(右)と波平郁実さん=11日午後、八重山病院2階

 県立八重山病院(篠﨑裕子院長)で2017年に制定された総合診療科の専門研修プログラム「南ぬ島」に今年度から第1期生として塩川絹江さん(33)=横浜市出身=、波平郁実さん(27)=那覇市出身=の2人の研修医が配属された。2人は、「島医者になる」という理念のもと、地域医療に貢献する総合専門医を目指し、同院で2年、離島診療所で1年の計3年間の研修を行う。

 2人の門出を祝って11日に開かれた開始式で、篠﨑院長は「地域医療に根付いた当院なので、地域とともに一緒に2人で育成しながら、みんなで見守り、研修が無事終了できるように支えていきたい」と訓示を述べ、2人に辞令を交付した。

 波平さんは、昨年、琉大病院で初期研修中に地域医療研修で1カ月間、八重山病院で学んだことを話し、「こんな医療もあるんだと感慨深い思い出があり、それが忘れられずこちらの病院に決めた。地域医療を学ぶにはこの上ない環境なので、充実した日々を過ごしながら、八重山に貢献できる医師になりたい」と抱負。

 塩川さんは「離島医療はこれからの医療にも大きな糧になると思うのでがんばっていきたい。3年後には離島で1人で全ての医療を担うことになる。不安もあるけどがんばっていきたい」と意気込みを語った。

 プログラム責任者を務める八重山病院の酒井達也医師は「1期生という不安の中、八重山病院に飛び込んでくれてありがとう。僕自身も離島医療の経験があって、その中で、『先生方の医療レベルが島の医療レベルになる』という言葉が代々受け継がれている。専門外関係なく、ありとあらゆることをえり好みせずにどんどん貪欲に学んでほしい」と激励した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク