全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内産ブランド力高め 観光誘客と収益アップを

 酒田市と県漁業協同組合、県の関係団体は、生きたイカの流通を目指す「活イカ」の実証実験を行っている。庄内産イカのブランド力を高め、観光客の誘客と漁師の収益アップを図ることが狙い。居酒屋などの飲食店で活イカの生け造りを提供し「庄内浜のうまいイカ」をアピールしたい考えだ。

 活イカの漁獲から流通するまで庄内版のモデルをつくろうと取り組みを始めた。昨年12月、流通に向けたスルメイカの蓄養試験を実施。1トンの海水が入る循環式の水槽に生きたスルメイカを10杯入れ、どれくらい生きるか調べた。

昨年12月に酒田港で行われたイカの蓄養実験=県水産研究所提供

 その結果、すべて2日間生存し、最長で7日間生きたイカもいた。活魚箱に入れて酒田市内の飲食店にサンプル提供したところ、顧客から「イカ刺しに透明感があっていい」「コリコリとした歯応えがあって、とてもおいしかった」と高い評価を受けた。店側からも活イカの流通技術が確立されれば「実際に利用したい」と好感触を得た。

 活イカは漁師が庄内浜の沖合で漁獲し、市場に設けられた水槽でいったん蓄養。その後、活魚箱または海水を入れたビニール袋にイカを入れて飲食店へ運び、店内の水槽に移す。そして生け造りにして客に提供し、新鮮さを楽しんでもらう。今のところ、地元庄内の飲食店で消費することを考えている。

 課題の一つは最初に市場で蓄養する水槽の適切な規模や構造をどのようにするか。昨年暮れの活イカ実験では、しけ続きで漁ができず回数をこなせなかった。数量的にも1㌧の海水に対して10杯と少なく、イカを増やして入れた場合の生存率を調べることができなかった。飲食店への輸送手段も検討課題となっている。

 県水産研究所資源利用部の五十嵐悠研究員は「市場の水槽で安定的に蓄養し、飲食店に届ける技術を確立することが当面の課題。今年も引き続き蓄養の実証実験を重ねたい」と話す。早ければ今月中にも実験を再開する予定だ。

 活イカを提案した酒田市農林水産部は「昨年、検討会としてスタートしたばかりで課題は多いが、6月からのスルメイカ、秋にかけてのアオリイカ、冬から春にかけてのヤリイカなど一年を通して流通することが目標。先進地の成功事例を視察研修し蓄養、輸送、調理方法と一貫した技術を学びたい」と話す。今後は北海道函館市や山口県萩市須佐などを候補地に視察を予定する。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク