全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤講公園のコブハクチョウ抱卵中 久々のひな誕生に期待【宇部】

卵を温めるクリーム(市常盤動物園協会提供)

 常盤公園で飼育しているコブハクチョウの産卵が確認され、8日現在、常盤湖そばの飼育舎で親鳥が6個の卵を温めている。早ければ5月のゴールデンウイーク明けごろにふ化する可能性があり、関係者の間で久々のひな誕生に期待が高まっている。    親鳥は、2019年に神戸どうぶつ王国から譲り受けたクリーム(雌)とボス(雄)のつがい。3月18~30日に7個を産卵したが、一つは巣の外で割れた状態で発見された。過去2年間も産卵はしたものの、20年はふ化の2日後にひなが死亡し、21年はすべて無精卵だったため、繁殖には至らなかった。    10年2月に高病原性鳥インフルエンザの影響で常盤湖のハクチョウ類を殺処分。17年5月に飼育を再開し、現在はコブハクチョウ4羽、コクチョウ1羽の計5羽がいる。鳥インフルエンザ対策で毎年10月から飼育舎に収容し、翌年5月に湖に放鳥しているが、抱卵の関係もあり今年の放鳥時期は未定。    抱卵期間中のハクチョウは神経質になるため、飼育舎周辺では大きな声や音を出さないよう来園者に呼び掛けている。市ときわ公園課の東原隆課長は「今年こそ、市民の皆さんに親鳥とひなが一緒に湖を泳ぐかわいらしい姿を見てほしい。静かに見守ってもらえたら」と話した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク