全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

旧陸軍戦闘機の部品か 寄贈受けて勉強会

航空機の部品と思われる寄贈品を検証する資料館運営委員ら

 伊那市の美篶小学校資料館運営委員会は14日、同市上の原にあった旧陸軍伊那飛行場の遺物とされる新たな寄贈品の勉強会を、同資料館で開いた。飛行機の部品とみられる寄贈品は外観から、旧陸軍の戦闘機の部品の可能性があり、委員らを驚かせている。

 直径約50センチ、高さ約50センチのドーム状で、重さ約5キロの軽合金製。委員がインターネットを使ってその場で調べたところ、旧陸軍の飛行機の中にプロペラの先端に良く似た形状の部品を付けた戦闘機があり、「補修用に置いてあった部品かもしれない」と想像した。

 寄贈までの経過を説明した矢島信之副委員長によると、同市美篶上川手の酒井玄太郎さん(故人)が所有していたもので、家の庭で外灯の台座として使っていたという。子どもたちの学習資料にしたいという委員会の要望を、家族が快く受け入れた。

 同じ形をした部品の目撃証言はほかにもあり、「牛の飼い葉入れに使っている家があった」と話す委員も。「俺の家には(戦後)飛行場から持ってきた飛行機の輪っかがある。ゴムも傷んでいないし、今も空気が抜けてない」という発言まで飛び出した。

 「飛行場には遺構があるが、ちょっと離れた場所にもこういう戦争の遺物があるということを地域で学び、子どもたちに教えていくことが大事。地域にあるものを募って、展示をすべき」と委員ら。松下始委員長は「資料館で大事に保管し、学習の材料として子どもたちに見せたい」と話した。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク