全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ハンバーグ丸ごと有機 広尾・鈴木牧場、ネット販売

 広尾町紋別の鈴木牧場は、JAS(日本農林規格)の有機認証を得て生産する牛肉をはじめ材料のすべてがオーガニックの冷凍ハンバーグを、ネットを中心に販売している。商品は「十勝ブランド」にも認証され、五つ星の評価を受けた。経営する鈴木敏文さん(39)は「オーガニック食品を身近に感じてほしい」と話している。

材料すべてがオーガニックの冷凍ハンバーグを手にする鈴木さん(中央。後列左から次男の啓太君、妻のなつきさん、長男の聡太君、三男の陽太ちゃん)

 鈴木牧場は国内では初めて、生産する生乳、牛肉、鶏卵の3項目でJAS有機認証を取得。輸入飼料は使わず、牛ふん堆肥で育てた牧草のみを家畜に与えている。「生産から流通まで安心なのがオーガニック」と言い、循環型酪農も実践している。

 ハンバーグに使用しているのは、同牧場のブランド牛「オーガニックグラスフェットビーフ」(有機牧草を与えた牛肉の意味、ホルスタイン雄)。高タンパクで、赤身のうま味を引き出しているのが特長となっている。

 この他、十勝産の有機タマネギと有機塩こうじを使用し、黒こしょうも有機という徹底ぶり。加工はオーガニックにも理解が深い札幌の企業に委託した。

 鈴木さんは「オーガニックは地球上の生物の幸せが続くシステムなのだと思い、取り組んでいる。一人でも多く賛同者の輪が広がればうれしい。(商品を通じて)子どもたちにもオーガニックを感じてもらえたら」と話している。

 ハンバーグは1個150グラム、1200円(税込み)。2個、4個、6個、12個入りで販売している(送料別)。注文は専用のネットサイトで。広尾町内のAコープ・サンタ村では単品で販売している。

関連記事

長野日報社

「紫輝」広がる香りと笑顔 長野県宮田村で解禁祝うワインまつり

 長野県宮田村の特産ワイン「紫輝」の新酒の解禁に合わせた「ワインまつり」が25日、JR飯田線の宮田駅前周辺であった。県内外から約500人が来場し、村内で栽培、収穫されたヤマブドウ「ヤマソービニオ...

長野日報社

南箕輪村の特別栽培米「風の村米だより」飲食店で提供 魅力と味PR 長野県

長野県南箕輪村で生産される特別栽培米「風の村米だより」が6月から、村内の飲食店9店舗で提供される。地産地消と認知度向上を促進する村の新たな試み。参加店はそば店や焼き肉店、居酒屋、ラーメンやどん...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク