全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田まつり 3年ぶり立て山鉾、山車パレード 一部規模縮小もイベント多彩に

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ここ2年間は神事のみが行われた酒田市の中心市街地を華やかに彩る「酒田まつり」(5月19―21日)について市と酒田観光物産協会は6日、山車行列パレード、式台の儀といった行事、酒田青年会議所(JC)による立て山鉾(やま)の点灯、露店の出店など、規模こそ一部縮小するものの、3年ぶりに通常の態勢で実施する方針を発表した。関連する4団体協議会の会合で確認したもので、新型コロナ感染状況を踏まえ、今月下旬に開催予定の実行委員会最終会合で決定する。

関連4団体による協議会で3年ぶりに通常の態勢で行う方針を確認した酒田まつり。港都に「熱い日」が戻ってくる=2019年5月

 市と酒田商工会議所、酒田観光物産協会、酒田JCの代表者による協議会を5日開き、実施するという方針を確認した。

 現時点での確認方針・内容によると、今年のテーマは「創始413年 山王例大祭 酒田まつり―新生酒田まつり」。場所は佐藤伝兵エ薬局から酒田産業会館までの国道112号で、旧マリーン5清水屋前付近にステージを設ける。日和山公園へと続く道路沿いには例年より数は少ないものの、露店も並ぶ予定。

 5月19日の「宵祭り」はステージでのパフォーマンス、酒田JCが企画している「提灯コンテスト」、酒田ばやしの一斉演奏、立て山鉾の点灯・展示など。翌20日の本祭り・山車行列パレードは、巡行コースをこれまでの半分ほどに短縮し開催する計画。新たに「時代行列」として酒井家庄内入部400年、河村瑞賢による西廻り航路開設350年など酒田、庄内地域の歴史にちなんだイベントの実施も検討している。

 市交流観光課では「やってほしいという声が多く聞こえてくる。露店で販売する飲食物の持ち帰り、密集を避けるなど新型コロナ感染防止対策をしっかりと講じる」と話した。イベントの詳細、感染防止対策などは実行委最終会合で決める。

 酒田まつりの前身・山王祭は、江戸時代初期の1609年に始まった上・下山王社(日枝神社)の例大祭。1976年に発生した酒田大火からの復興記念式と復興宣言が79年の「山王まつり」に合わせ行われ、この年から氏子の祭りから全市民の祭りにしようと「酒田まつり」と称するようになった。コロナ禍のため2020、21年は渡御行列、神宿(とや)の開設といった神事のみが行われた。

鳥海山にちなみ高さ22・36メートルの立て山鉾も“復活”する予定=2019年5月

関連記事

豊橋で東三河外食産業展開幕

 「第31回東三河外食産業展示会2024」が22日、豊橋市の「ホテルシーパレスリゾート」で開幕した。東三河外食産業振興会主催、東愛知新聞社など後援。  東三河の外食産業の振興を目的に、飲食事業...

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク