全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美各地でサンガツサンチ 健やかな成長願う

海水に子どもの足を浸し、健やかな成長を願う家族ら=3日、知名町の屋子母海岸

 旧暦3月3日の「サンガツサンチ」に当たる3日、鹿児島県奄美群島各地で海開きや浜下れの行事があった。海水浴シーズンに向けて、官民の関係者らが海の安全を祈願したほか、初節句を迎えた子どもの成長を願う家族連れの姿が見られた。

■海開き・浜下りに家族33組 沖永良部島の屋子母海岸

沖永良部島の「おきのえらぶ島観光協会」(東山輝昭会長)主催の「海開き・浜下り」は、知名町の屋子母海岸であった。

 観光や行政の関係者らが祭事で海の安全を祈願した後、知名町内外の家族33組が、子どもの足を海水につけて健やかな成長を願った。

 知名町田皆の東健一さん(39)、沙代さん(37)夫妻は生後7カ月の次女の足を波打ち際で海水に浸し、「(娘が)これからもずっと健康でいてほしい」と願いを込めていた。

無病息災を祈って子どもの足を海水に浸す家族=3日、奄美市名瀬の大浜海浜公園

■3年ぶりに浜下り 奄美市名瀬の大浜海浜公園

 奄美市名瀬の大浜海浜公園では、海開きの安全祈願祭と浜下れがあった。荒天の中、親子連れが海岸を訪れ、初節句を迎えた赤ちゃんの足を海水に浸して健やかな成長を願った。同市名瀬の富園紗緒里さん(33)は生後10カ月の娘を抱え、「笑顔いっぱいで、元気に大きくなって」と目を細めた。

 サンガツサンチの恒例行事。公園を管理する谷木材商行が主催。浜下れは新型コロナウイルスの影響で中止が続き3年ぶり。参加者には赤ちゃんの足形を写した色紙をプレゼントした。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク