全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

昭和の軽三輪「ミゼット」 長野県諏訪市の関さんが再生

試行錯誤の末に「ミゼット」を修復した関さん

 長野県諏訪市湖南田辺で自動車販売、修理などを手掛ける関モータースの関文隆さん(46)は、昭和30~40年代に普及した軽三輪トラック「ミゼット」を再生した。半世紀以上前、人気を博した同車も今や希少。「構造はシンプルなのに全く仕組みが分からない」(関さん)中、手探りで修復し、戦後の自動車産業成長期を支えた職人たちのこだわりと技術の高さに触れたという。

 「ミゼットが欲しい」というお客さんの要望で、車探しから始めたものの、「あそこの車庫にあった、あの人が持っていた、という話を聞きつけては片っ端から訪ねたが空振り続き」。ようやく茨城県水戸市内の同業者が所有する情報を得て、昭和39年式「MP5」シリーズ前期の車を譲り受けた。

 ところが足回りはさびで覆われ、燃料タンクにも車底にも大穴が。劣化したばねをできるだけ安くオリジナルで製作してくれる業者探しにも苦労した。「当初はインターネットで調べれば大抵のことは分かる、現代の技術で何とかなるはず、と甘く見ていた」と関さんは苦笑。伊豆大島の同業者に教えを請いながら試行錯誤し、約半年がかりで完成させた。

 修復作業を通して、「現代の部品では代替が利かず、性能も勝ることができない。車づくりに対する先人の熱意と意地を感じた」といい、その中でもせめて―とワイパーの機構に新たにモーターを取り付けて改良にも挑戦した。

 関さんはこの経験を生かそうと、2台目のミゼットも入手。修復して昭和レトロの会場演出用にレンタルしたり、他車種の旧車再生にも挑戦したりしたい、と職人の意気を見せている。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク