全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

無人運転バスすいすい 道内初の公道実験 上士幌

自動運転の実証実験車両に乗り、手を振る上村実行委員長(左)ら

 道内初となる自動運転バスの実証実験が14日、上士幌町役場前の町道で始まった。16日までの3日間、上士幌用にラッピングされたバスが公道を走る。

 町や、ふるさと納税のポータルサイトを運営するトラストバンクなどで構成する「Japan Innovation Challenge 2017 実行委員会」が主催。自動運転バスは、路線維持など交通事業者が抱える課題の解決や、交通弱者の移動を支援する手段の一つとして期待されている。

 バスはフランス製の「NAVYA ARMA」で今回の実験用に2台用意。運転席やハンドルがなく、座席は中央を囲むように11席配置している。タッチパネルで事前に記憶させたルートを走り、手動で動かす場合はテレビゲームのコントローラーで操作する。

 車体はオレンジ色と紫色にラッピングされ、上士幌の子どもたちの笑顔やイメージキャラクターの「ほろんちゃん」が描かれている。

 実証実験は役場周辺の町道を封鎖して行われ、1周約600メートルの公道を約5分間かけて走行した。走行中、道路脇に設置してあるコーン標識が風で車道に転がるハプニングもあったが、それも車内搭載のセンサーで検知し、自動で止まった。試乗した竹中貢町長は「車内はとても快適。対面式なのでコミュニケーションを深めるのにもいい」と話した。

 午前9時45分からのオープニングセレモニーでは上村龍文実行委員長(トラストバンク取締役)、竹中町長、佐治友基SBドライブ社長、坂部浩明十勝総合振興局副局長、中木雄三郎拓殖バス社長がテープカットした。

 上村実行委員長は「住民が行きたい所に行けるツールとして活用できる未来が遠くない将来に来る」、竹中町長は「町民や観光客の足として機能することを願う」とあいさつした。

<自動運転>  運転手がハンドルを操作しなくても人間の代わりに自動で運転するシステム。国は東京五輪・パラリンピック開催の2020年までの実用化を目指している。公道での自動運転バス実証実験はこれまで、沖縄県石垣市や秋田県仙北市で行われている。今年7月には国の、道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験地域に大樹町が選ばれている。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク