全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

林間の〝シャンデリア〟 奄美大島でウジルカンダ開花

淡い黄緑と濃い赤紫が重なり合いながら開花し、見頃を迎えているウジルカンダ=奄美大島の山林部

 沖縄や奄美などに分布するマメ科のつる性植物「ウジルカンダ」(別名・イルカンダ)が奄美大島の山林で開花し、見頃を迎えている。淡い黄緑と濃い赤紫が重なり合い、薄暗がりに映える花房は、林間をひっそりと彩る〝シャンデリア〟のようだ。

 ウジルカンダ(標準和名)、イルカンダともに沖縄の方言に由来し、「カンダ」はつる草の総称である「葛(かずら)」を意味している。鹿児島県のレッドデータブックでは「絶滅危惧Ⅱ類」(絶滅の危険が増大している種)に位置付けられている。

 奄美大島で開花したウジルカンダは、つるが周辺の樹木に巻き付いて広範囲に伸び、幾つもの花房を下げている。観察に訪れていた男性は「今年は特にたくさん咲いていて見応えがある。島内でも見られる場所は限られるので、貴重だと思う」と話した。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク