全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「なつぞら」に出合う 道の駅おとふけ 15日オープン

「なつぞらのふる里」の施設内を見学する報道陣ら

 15日のグランドオープンを目前に控えた新しい「道の駅おとふけ」(愛称・なつぞらのふる里)が2日、報道陣や関係者に先行公開された。

 なつぞらのふる里は、道東自動車道の音更帯広インターチェンジ南側に近く、国道241号北バイパス沿いの柳月スイートピア・ガーデン東側に隣接する。

 敷地面積約8ヘクタール(国整備エリア、公園整備含む)のうち、道の駅本体を中心に町が約7.4ヘクタールを整備。総事業費は約20億円(今年度分の公園整備含む)。併せて町は字名を変更し、新道の駅一帯の住所を音更町なつぞら1~5番地に改めた。

 道の駅本体は、木造一部鉄骨平屋建て1960平方メートル。九つの飲食店が出店し、フードコートは約260席。一角には、音更町と縁の深い日本を代表する作曲家、伊福部昭を紹介するコーナーがあり、テーマ曲を手掛けたことにちなんでゴジラの巨大フィギュアやピアノなどを展示。

 この他、農畜産物などを販売する「なつぞら市場」、キッズコーナー、24時間利用できるトイレなどを設置。屋外には電気自動車急速充電器、駐車場(約280台分)もある。

 道の駅本体西側は「なつぞらエリア」で、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(2019年4月1日~同年9月28日放送)に登場した菓子舗「雪月」や柴田家牛舎などのセットを再現。

 同北側は「なつぞら公園」とし、芝生広場や都市間高速バスの乗降場、大型駐車場(約290台分)を設けた。小野信次町長は「十勝は食の宝庫。食の聖地として年間70万人の来場者を見込む」と話す。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク