全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

エーデルワイスが石垣初出店 きょうオープン・南ぬ島石垣空港 故・比屋根毅氏の想い実現

八重山地区初出店となるエーデルワイス沖縄石垣空港店=1日午後、南ぬ島石垣空港

 石垣市登野城出身の故・比屋根毅氏が創業した洋菓子店エーデルワイス=本社・神戸市=の直営店「エーデルワイス沖縄石垣空港店」が2日に南ぬ島石垣空港国内線ターミナル内でオープンする。比屋根氏の故郷・石垣島で念願の初出店、県内ではデパートリウボウ、那覇空港店に次いで3店舗目となる。

 エーデルワイスは1966年の創業以来、多くの高級菓子ブランドを全国に展開。2014年にはオキコと共同で「エーデルワイス沖縄」を設立し、本島で本格展開をスタートした。今回の出店で県内では3店舗目、「アンテノール」、「メイク・ベイク・ド・シー」などエーデルワイス直営店を含めると9店舗目となる。

 マーケティング部の神谷真紀次長は「先代は常日頃から『故郷に恩返しがしたい。本場のお菓子のおいしさを伝えたい』とおっしゃっていた。コロナ禍であるが石垣島に出店できたことは会社としても大きな意味がある」と感慨深げ。「市民に愛される店舗を目指したい」とビジョンを掲げ「本場ヨーロッパの洋菓子と県産素材の融合で生まれた新しいお菓子をぜひ味わってほしい」と呼び掛けた。

 店舗には常時30種類以上の商品を用意。石垣の塩を使用したショコラ、人気のヒラミレモンケーキ、県内産の紅芋、タンカン、黒糖使用のフィナンシェなどが豊富な品ぞろえとなっている。場所はスターバックスコーヒー石垣空港店向かい。

 比屋根氏は1937年に登野城で生まれ、中学卒業後に本土にわたり菓子製造会社に勤務。職人として腕を磨いた後、エーデルワイスを開業。全国洋菓子技術コンテストなどで受賞歴多数、12年にはベルギー王国から発展に貢献した民間人に贈られる「レオポルド2世勲章コマンドール章」を受章した。97年には石垣市民栄誉賞を受賞している。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク