全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

拓勇東町内会 町内会費のコンビニ払い導入 キャッシュレス化に対応

苫小牧市の拓勇東町内会(山端豊城会長)は町内会費を新年度分から、コンビニ払いで納められるようにした。会費の収納率向上や戸別集金の負担軽減などを狙った、全道的にも珍しい取り組み。山端会長は「町内会も新型コロナウイルス流行で加速する非対面、キャッシュレス化の流れに対応していかなければ」と話す。

払込用紙を手にする佐藤副会長。支払い方法の選択肢を増やすことで、収納率アップを狙う

 同町内会は3月上旬、2022年度分の町内会費の払込用紙を全世帯に発送。5月末までを納付期限としており、3月28日時点で468件の入金があったという。最終的に加入世帯の半数以上が、コンビニ払いを利用すると見込んでいる。

 1日発行の町内会報「かがやき」にも案内を掲載し、住民への周知を促す。4月末までにコンビニ払いで町内会費を納付した世帯の中から、70世帯に抽選で高級食パンが当たるキャンペーンも実施中。コンビニ払いを選ばなかった世帯については6月以降、戸別訪問で集金を行う予定だ。

 コロナ禍で集金遅れも発生する中、奥村恵美子総務部長が中心となってコンビニ払いを手掛ける収納代行業者と調整し、約10カ月の準備期間を経て導入に至った。

 佐藤一美副会長は「数年前からキャッシュレス決済の構想を練っており、沖縄県の町内会での導入事例も参考に準備を進めてきた」と説明。「1200を超える世帯への払込用紙の発送作業は骨が折れるが、会員の利便性向上を見込める上、町内会としてもすぐに会費を集め、年度初めの活動会に充てられる」とメリットを強調する。

 町内会加入率の低い1人暮らし世帯などから「集金が煩わしい」「集金日時に在宅していなければならないのは困る」といった声もあり、効果が期待される。

 山端会長は「作業を効率化できた分の余力は、地域活性化策を練る時間に振り向けたい」と語る。

 町内会費のコンビニ払いは、市内では初の取り組みで北海道町内会連合会も「道内では聞いたことがない」としている。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク