全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

淡い色合いのピンクの果肉「いなほのか」

果肉のピンクの色合いが美しく、生食に適しているリンゴ「いなほのか」

 信州大学農学部の伴野潔教授(62)=果樹園芸学=は13日、赤果肉リンゴの新品種「いなほのか」を開発した、と発表した。赤果肉の課題とされる酸味の強さを和らげ、生食に適しているのが特長。品種登録を申請していて、来春にも認められる見通しだという。

 伴野教授が開発した赤果肉リンゴは5品種目になる。これまでの4品種は、やや酸味が強く、生食もできるが加工品向けだった。「いなほのか」のリンゴ酸含有量は0・5%ほどで、ほかの4品種に比べ33~70%に抑えられた。「酸性が弱いと、赤色の元になるアントシアニンが分解され、果肉に着色しにくくなる」との課題が解消された。

 「レッドゴールド」に、「ピンクパール」を交配させて育種したもので、1999年に研究に着手。農学部のほ場や大町市内の農園で、約70系統から選抜した良質な苗木を試験栽培し、特性調査を進めてきた。来年度からは、上伊那2農園での栽培が決まっているという。

 中生種で、果肉のピンクの淡い色合いと産地から「いなほのか」と命名。糖度は13~14度。同日に農学部であった試食会で、リンゴ農家の米本真之さん(36)=伊那市西箕輪=は「食べやすい。栽培環境は適していると思うので、ぜひ栽培に携わっていきたい」と話した。伴野教授は「シードルなどの加工品にも利用してもらい、農業をはじめとする産業の活性化に貢献できれば」と願っていた。

関連記事

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク