全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「宇部まちづくりシンポジウム」

討論するパネリストたち(文化会館で)

 にぎわい宇部(藤村雄志社長)主催の第1回「宇部まちづくりシンポジウム」は30日、文化会館で開かれた。会場とオンライン配信で200人が参加し、地域開発の歴史的背景や現状、今後の社会環境の変化などを踏まえながら、100年後の未来を見据えた宇部のまちづくりの在り方について考えた。市、宇部商工会議所後援。  にぎわい宇部では、これまでの中心市街地活性化事業と併せて、新たに「ひとづくり」「情報発信」に取り組んでいる。シンポジウムは、市制100周年を迎えた宇部の持続的な発展の実現に向けて、市民と共に学ぶ場をつくろうと企画された。  第1部では、ユニバーサルデザイン総合研究所(東京都)の赤池学所長が講演。「まちのデザイン」と題して、地域資源を活用した全国の取り組み事例などを紹介しながら、地域の産業をどうデザインしていくかについて話した。  価値のイノベーションを通じて、これまでつながりのなかった企業や行政、金融機関、地域団体などを結び付けて新しい価値を開発していくことの重要性を話し「同じミッションを共有する組織を地域内につくることが、まちづくりに欠かせないエンジン。域内外の有識者らと議論し、連携して宇部の可能性を探って」などと呼び掛けた。  第2部では、平山雄太さん(世界経済フォーラム第四次産業革命日本センタープロジェクト長)、宋俊煥さん(山口大工学部感性デザイン工学科准教授)、加藤倫之さん(伊勢志摩総合研究所代表取締役)の3人が「これからのまちづくり」をテーマに討論。藤村社長が進行役を務め、今できること、残すべきものについて各専門分野から意見を交わした。藤村社長は「きょうを一つのきっかけに、みんなでまちをつくっていくという意識を共有し、今後に生かしていけたら」と締めくくった。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク