全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上伊那の農産物を新宿区の学校給食に 長野県伊那市友好提携

上伊那産米を手に写真撮影に応じる新宿区の吉住健一区長と白鳥孝市長(右)=伊那市役所

 長野県伊那市と友好提携都市を結ぶ東京都新宿区は、5月から同市を中心とする上伊那地域の農産物を、区立の小中学校と特別支援学校計40校の給食用食材として活用する。30日に市役所で会見した新宿区の吉住健一区長は「伊那市の野菜や果物、米を使った給食を子どもたちに提供することで、食の安心安全を確保し、食育にもつなげたい」と期待した。

 新宿区は現在、区内で購入した農産物を給食用食材にしているが、保護者からは外国産や遺伝子組み換えなどの食材に対する抵抗感が根強く、食材の安全性を求める声が多かったという。一方、区ではこれまで年3回行った伊那市産の農産物を使った給食の提供で、児童生徒の食べ残し量が少ない傾向に着目。子どもたちの「野菜がおいしい」という声を受け、伊那市内の学校給食でも使う上伊那産農産物の恒常的な活用を検討していた。

 区は購入のための予算3975万円を計上。農産物は伊那市とJA上伊那が連携して注文窓口となり、区内の29小学校、10中学校、1特別支援学校へ配送。児童生徒約1万2800人分の給食に活用する。区は全校自校調理方式の給食を提供。各校が献立に応じて必要な農産物をJA上伊那へ発注するという。

 会見で吉住区長は「伊那市へ来るたびに農産物をいただいているが非常においしい。伊那の食材を使った給食は子どもたちの評判もよく、活用を具体化した」とし、「食材提供の縁を、将来区民が伊那市を訪れる交流のきっかけにしたい」と述べた。

 白鳥市長は「伊那市の農産物は安心安全に力点を置いて栽培し、寒暖の差が作用して味が良い。今回新宿区へ供給できてありがたい。お子さんたちには伊那で農業も体験してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク