全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡の国指定史跡・松ケ岡開墾場「4番蚕室」 愛称は「シルクミライ館」 4月16日オープン 絹産業の歴史・文化に触れる

 鶴岡市は、絹織物体験施設としてリニューアルを進めている国指定史跡・松ケ岡開墾場の4番蚕室について、愛称を「シルクミライ館」に決め、4月16日(土)にオープン。同市の絹産業の歴史や文化に触れ、楽しみながら学ぶことができる施設で、無料で入館できる。

4月16日に「シルクミライ館」としてリニューアルオープンする松ケ岡開墾場の4番蚕室

 日本遺産「サムライゆかりのシルク」を構成する文化財として中核を担う同開墾場に、新たな魅力を創出するもの。昨年度から市が整備を進めていた。

 4番蚕室は現存する明治初期建設の大蚕室5棟のうちの一つ。3階建て蚕室のうち、1階では養蚕から絹製品になるまでの絹織物の一貫工程を映像で紹介。繭玉やキビソに触れられるほか、実際に使用されている道具類も見学でき、糸紡ぎや手織りなどの体験もできる。鶴岡シルクの製品を販売するショップも入る。

 2階には復元した養蚕棚を展示。6月と9月には実際に蚕の展示飼育も計画。研修室3室も配置し、シルク製品のほか、鶴岡中央高のシルクガールズが制作したドレス展示など高校生たちの研究成果も紹介。「サムライゆかりのシルク」のストーリーとともに、鶴岡のシルクの魅力を発信する新たな拠点としていく。

 愛称の「シルクミライ館」は、松ケ岡地区の住民や地元の広瀬小5、6年生の協力で決めた。同市の絹や絹産業の歴史・文化に触れ、新しい価値を創造する未来志向の施設としての思いが込められた。開館時間は午前9時―午後4時、定休日は水曜日(祝日の場合は翌平日)で、入館無料。

リニューアルのイメージ図

関連記事

奈良さんの作品を初公開 豊橋美博90年代コレクション展

 豊橋市美術博物館は、美術コレクション展「コレクターズ アイ 90年代を中心に」を13日から始める。昨年度に寄贈され、2月29日のリニューアル記念式典でお披露目された奈良美智さんの「Untitled」「...

長野日報社

武将隊と勝負! 高遠城じゃんけんの乱 長野県伊那市高遠町

 高遠城址公園(長野県伊那市高遠町)で開催中のさくら祭りに合わせて、戦国時代の「武将隊」と来場者がじゃんけん勝負をする催しが6日、園内で開かれた。「高遠城じゃんけんの乱」と題し、勝利すると高遠...

長野日報社

諏訪湖カヤックVR体感 スマートIC見据え、SAで 長野県

 長野県諏訪市や公立諏訪東京理科大学(茅野市)などが6、7の両日、諏訪、岡谷市境にある中央道諏訪湖サービスエリア(SA、下り線)で、諏訪湖カヤックを仮想現実(VR)で体感できるイベントを開いて...

豊橋がモンハン一色に 24日からイベント

 JR東海が沿線で展開中の「推し旅」と、ゲームメーカー大手カプコンが連携する「CAPCOM TRIP TOKAI」の現地企画第3弾が、豊橋市のまちなかを舞台に24日から始まる。人気ゲーム「モン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク