全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

まちづくりへの思い込め、市がロゴとキャッチコピー制作【宇部】

新たなまちづくりへの思いを込めたロゴ・キャッチコピーを披露する篠﨑市長(市役所で)

 宇部市は、「第5次総合計画」が新年度からスタートするのに合わせ、今後10年間のまちづくりへの思いを込めたロゴとキャッチコピーを制作した。「共創によるまちづくり」を進める市の理念や将来都市像を表現したもので、広報紙やホームページ、ポスターなどにあしらい、周知を図る。

 ロゴの「UBE宇部市」は、未来に向かって街を切り開いていく宇部のエネルギーを表現。常盤公園に設置されている彫刻「蟻(あり)の城」をイメージした赤色を基本に緑、青の3色展開とする。

 キャッチコピー「未来を彫刻するまち」は、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)を通じて市民の誇りにもなっている数々の彫刻をモチーフに、宇部が歩んできたこれまでのフロンティア精神と、これからのわくわくする新しい宇部を想像させるもの。キャッチコピーを説明するボディコピーも作った。

 デザインは、市民の意見を採り入れながら宣伝会議(東京都)が作成。事業費は170万円。市民や団体、企業、教育機関などにも広く活用してもらう予定。篠﨑圭二市長は「誰かが創る宇部じゃなくみんなで創る宇部に、という思いを込めた。市民の皆さんと一緒に未来を彫刻していきたい」と述べた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク