全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

五輪ナンバー 軽に人気 十勝でも交付開始

記念ナンバープレートを取り付けるドライバー

 2020年東京五輪・パラリンピックを記念した自動車用ナンバープレートの交付が10日から全国各地で始まり、十勝でも早速、愛車に記念プレートを取り付けるドライバーの姿が見られる。

 プレートの交付業務を請け負う帯広地方自家用自動車協会には、80件の事前申し込みがあった。うち7割近くが軽乗用車。通常の黄色ナンバーから「白ナンバーにしたいという声がほとんど」(同協会)で、大会エンブレムをあしらった白地のデザインを選ぶ人が多い。普通乗用車の場合は、もう1つのデザインでカラフルな図柄を背景にしたプレートを選ぶ人が多いという。

 12日にプレートを受け取り、自家用車に取り付けた帯広市内の男性(57)は「面白いと思って変えたがいいですね。オリンピックの盛り上がりにつながってほしい」と話した。

 プレートの交付費用は地域ごとに異なり、十勝管内では普通車、軽乗用車の場合が8250円。図柄付きデザインはさらに1000円以上の寄付が必要。同協会や専用ホームページから申し込みが可能。申し込みから2週間ほどでプレートを受け取ることができるという。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク