全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

渡りの季節迎える 与那国

沼のほとりで羽を休めるアマサギやコサギの群れ=久部良原のクブラミトゥ

 【与那国】渡りの季節を迎え、クブラバルの池沼(通称=クブラ・ミトゥ)の川面で白い鳥が身を寄せ合う姿が見られるようになった。アマサギやコサギ、チュウサギなど100羽を超える日もあった。周辺は、渡りの時期になると旅鳥が舞い降りて羽を休めるところで知られる。  鳥たちは悠々と羽を広げて舞う姿を水面に映し、影とともに楽しませてくれる。まるでスローモーション。その光景に、近くの県道からカメラを向けるドライバーも。  野鳥に詳しい町教委の村松稔さんは「この間はアカハラダカを久部良岳で見た。そろそろサシバが来るよ。ミトゥの風物詩だね」と話した。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク