全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上社山出しまで一週間 御柱の仮置き場整理 長野県

御柱の仮置き場に設置されていたしめ縄などを片づける大総代ら

諏訪大社上社御柱祭安全対策実行委員会は25日、諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)で上社に曳き建てられる御柱8本が置かれている、茅野市玉川の「仮置き場」の整理作業を行った。27日からの木作りを前に、御柱の周囲に神域を示すために張られたしめ縄や笹竹、くいなどを撤去した。

今回の御柱は30年ぶりに諏訪大社社有林の御小屋山から伐採された。多くの氏子に見てもらおうと、昨年10月27日に八ケ岳中央農業実践大学校の所有地を借り、仮置き場が設置された。

この日の作業には、上社大総代約30人が参加。諏訪大社上社神職による神事の後、周囲に建てられたくいを抜き、御柱に積もった雪をほうきで取り払った。

実行委員会の笠原透委員長(75)=諏訪市中洲神宮寺=は、「実践大学校にきれいな形で仮置き場を返したい思いで作業を行った。山出しはトレーラー搬送になったが、ここから曳行したかったという思いはある。トレーラー搬送ではあるが、『密』にならないようコロナ対策をしっかりして、多くの人に見てもらいたい」と話した。

本宮一の柱を担当する豊平・玉川地区の矢島正恒大総代(67)=茅野市豊平南大塩=は、「いよいよ山出しが始まる。伝統文化、技術を引き継ぐ責務もある。しっかりと木作りをして次世代に伝えていきたい」と話した。

8本の御柱は26日に山出しのスタート地点となる綱置き場に重機とトレーラーで運ばれ、27日から柱ごとに木作りが行われる。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク