全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

決意新たに 農水大臣賞の伊那そば振興会伝達式 長野県

農林水産大臣賞を受けた「信州そば発祥の地 伊那そば振興会」の飯島進会長(右から2番目)と関係者ら

一般社団法人日本蕎麦(そば)協会(東京)の第33回全国そば優良生産表彰で、最高賞の農林水産大臣賞を受けた長野県伊那市の「信州そば発祥の地 伊那そば振興会」への伝達式が25日、市役所で開かれた。在来種ソバ「入野谷(いりのや)在来」の復活と、主流となる品種の高品質化への取り組みが評価されたもので、飯島進会長が受賞を喜ぶとともにさらなる発展への決意を新たにした。

表彰は、国産ソバの生産で模範となる農家や団体に贈られる。最高賞の受賞は県内で2009年度以来12年ぶりとなり、市内では初となる。

振興会は、2015年に市内のソバ生産者やそば店などがそばを通じた地域振興を目的に発足。「入野谷在来」の復活事業は、14年に県野菜花き試験場(塩尻市)で、長谷浦で採取したとみられる在来種の種が見つかったことがきっかけとなり、交雑を防ぎながら徐々に作付面積を増やして栽培。市内外のそば店に出荷され、新たな名物としての期待も高まっている。

在来種に代わり主流となる品種「信濃1号」の高品質化については、信州大学農学部の協力を得て18年から試験栽培を実施。高品質と評価された栽培方法を「プレミアム栽培指針」としてまとめ、JA上伊那が普及を図っている。

伝達式では、飯島会長が同協会から表彰状を受け、「発祥の地の名に恥じないようそば、農業、地域、観光の振興にまい進していきたい」と意欲。信大農学部の井上直人名誉教授らも出席する中、受賞報告を受けた白鳥孝市長は、生産量や品質の安定化に期待を寄せ、「全国から足を運んで、素晴らしいそばを味わってもらいたい」と述べた。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク