全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海洋展示館がリニューアル 奄美市 飼育数倍増、海の魅力体感

奄美の海の生き物が泳ぐアイキャッチ水槽を興味深げに見学する親子=24日、奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市が同市名瀬の大浜海浜公園で進めていた奄美海洋展示館の改修工事がこのほど終了し、24日、現地でリニューアルセレモニーが開かれた。総事業費1億5900万円を投じて横幅3メートルのアイキャッチ水槽や壁面の汽車窓水槽、大型スクリーンなどを新設。飼育展示数は従来の2倍の約100種類となり、これまで以上に奄美の海にすむ生き物を間近に見たり海と人との関わりを楽しく学んだりできる。

 同館は1998年5月にオープンした。大規模改修は初めてで、施設の老朽化対策や増加する観光客の受け入れ態勢整備が目的。昨年11月に着工し、今月完工した。紬観光課によると、新型コロナウイルス前は年間約4万5000人が訪れていたという。

 鉄筋コンクリート造2階建てのうち、1、2階の展示室(延べ560・89平方メートル)を大幅に刷新した。1階アクアリウムエリアでまず目につくアイキャッチ水槽では、ニシキヤッコやカンムリベラなどを展示。飼育が難しいとされる生きたサンゴ(ミドリイシ)、新種の可能性があるミズクラゲ属の一種、国内初確認とみられるウツボなど貴重な生き物も多く、未知の可能性を秘めた奄美の海の魅力を体感できる。

 セレモニーで安田壮平市長(代読)は「『学び、遊び、体験』のテーマの下、これまで以上に多くの人に親しまれるよう整備した。子どもたちの歓声が聞こえるような施設にしたい」とあいさつした。

 テープカット後、会場に招待された小宿幼稚園の園児たちは早速ウミガメに餌をあげたり、水槽を興味深そうにのぞき込んだりする姿が見られた。秋山結斗君(6)は「魚を見るのが好き。楽しかった」と話した。

 開館時間は午前9時半から午後6時まで(最終入館は午後5時半)。年末年始休館。利用料金は大人500円、小・中学生300円、4歳以上100円、3歳以下無料。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク