全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「感動をありがとう」 アルプス席奄美一丸 甲子園で大島カラー躍動

緑色のジャンパーや帽子で一塁側アルプス席を大島カラーに染め上げた鹿児島県立大島高校の関係者ら=23日、甲子園

 「感動をありがとう」―。第94回選抜高校野球大会は23日、明秀日立(茨城)戦に臨む大島(鹿児島県奄美市)を応援しようと、大島高校の生徒や教職員、卒業生らが甲子園一塁側アルプス席に詰め掛けた。吹奏楽演奏に合わせてメガホンを打ち鳴らし、手踊りも飛び出すなど奄美一丸の応援を選手たちに届けた。

 試合開始の1時間半ほど前になると、大島応援を象徴する緑色のジャンパーや帽子姿の人たちが、アルプス席入り口付近に並び始めた。開場と同時になだれ込み、最前列から後方までを広く「大島カラー」に染め上げた。

 今大会は新型コロナウイルス感染予防のため声援が禁止。大島が序盤から少しずつ点を失う苦しい試合展開を強いられる中、観衆は祈るようにグラウンドを見詰め、選手が守備でアウトを奪い、攻撃で出塁する度にメガホンをたたいて激励した。

 迎えた最終九回表、大島が連打と四球で満塁の好機をつくると、アルプス席の盛り上がりは最高潮に。無得点に終わったものの、最後まで戦い抜いた大島ナインへの拍手は鳴りやまず、明秀日立に対しても盛大な拍手を送って勝利をたたえた。

 学校応援団として観戦した大島高2年の田代豊秀さん(17)は「戦う野球部から勇気をもらった。『感動をありがとう』と伝えたい」、藤田にのはさん(17)は「吹奏楽演奏で奄美の音楽も流れていて、球場に〝奄美大島感〟が漂っていた」と振り返った。

 アルプス席最前列近くには、現野球部員とともにプレーした同部OBの姿も。今年卒業した川原海弥さん(18)は「点差が開いたけど、九回の粘りには感動した」、1学年上の根釜雄樹さん(19)は「後輩たちに甲子園まで連れてきてもらえて、純粋にうれしい」と話し、強豪を相手に奮闘した部員らをねぎらった。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク