全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

渥美農業高食品科学部の「白いカレー」優秀賞

優秀賞を受賞した4人(渥美農業高校提供)

 田原市の県立渥美農業高校食品科学部の冨田かおり部長(2年)と河合愛日さん(同)近藤瑠亜さん(同)堀口紀真さん(1年)が今月、大阪府の関西大学千里山キャンパスで開催された「関西大学ビジネスプラン・コンペティション」(同大学商学部主催)本選の高校・専門学校の部で優秀賞を受賞した。  応募1295件から1~2次審査を突破し、本選に出場。最終選考に残った5件のうちの1組として優秀賞に輝いた。  4人が提案したのは、美容的な効果が期待されるというコラーゲンの多い豚足とバラ軟骨を生かした「白いカレー」。地元の田原市が県内屈指の養豚地帯であるのをヒントに、商品価値が低く廃棄されるという未利用資源の豚足とバラ軟骨に価値を見出した。  地元の養豚農家をはじめ、行政関係、レトルト食品の専門業者、料理人、小売業者らを訪問し、必要な調査や研究を積んで開発。コラーゲンは豚足とバラ軟骨をゆでて抽出し、女性に関心が高い美容から美白を連想し、地元産牛乳などを使ってカレーのルーを白系に近づけた。  4人は、学校を通じ「このプラン(白いカレー)に関わっている人たちのために、活動をPRすることができてよかった。優勝できずに悔しいですが、全国高校生食育王選手権大会や農業高校の行事であるプロジェクト発表会を控えているので、今回の経験を生かして頑張りたい」とコメントした。  本選は公開プレゼンテーション10分などにより、独創性や社会性、実現可能性、収益性などを審査基準としている。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク