全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広ホコテン3年ぶり開催へ 6月19日から全12回

開催概要を協議した運営会議

 帯広まちなか歩行者天国実行委員会(細川吉博実行委員長)は、コロナ禍で中止していたオビヒロホコテンを、3年ぶりに開催する。6月19日から9月11日の毎週日曜日(8月14日は休み)全12回。会場の混雑を避けるため、イベントや出店が集中しないように参加者の日程調整を行うなど、新型コロナウイルス感染対策を講じる。4月1日からイベント・出店の参加者を募集する。

 オビヒロホコテンは、2006年から毎年6~9月の日曜日に開催。ボランティアによる実行委が運営し、各種団体が持ち込み形式で企画を行い、中心市街地のにぎわいづくりに取り組んできた。20年、21年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全日程を中止した。

 今年のテーマは「Slow and Easy(スロー&イージー)」で、従来のにぎやかな雰囲気から、3密を避け、のんびり、ゆったりとした印象のホコテンを楽しんでもらう。

 開催基準は、まん延防止等重点措置などの適用期間または道の警戒ステージが3以上の場合は中止。それ以外の場合は感染状況に応じて、開催可否や内容の変更を2週間前までに運営会議で判断する。

 4月12日午後7時から、帯広市役所で出店予定者、ボランティア希望者などが参加できる全体会議を行う。

 実行委の金澤和彦事務局長は、「コロナ禍で社会も閉塞(へいそく)的だったが、少しずつ前向きな状況になってきた。来場者や参加者に安全対策への協力をいただき、開催したい」と話した。

関連記事

豊橋で東三河外食産業展開幕

 「第31回東三河外食産業展示会2024」が22日、豊橋市の「ホテルシーパレスリゾート」で開幕した。東三河外食産業振興会主催、東愛知新聞社など後援。  東三河の外食産業の振興を目的に、飲食事業...

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク