全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広ホコテン3年ぶり開催へ 6月19日から全12回

開催概要を協議した運営会議

 帯広まちなか歩行者天国実行委員会(細川吉博実行委員長)は、コロナ禍で中止していたオビヒロホコテンを、3年ぶりに開催する。6月19日から9月11日の毎週日曜日(8月14日は休み)全12回。会場の混雑を避けるため、イベントや出店が集中しないように参加者の日程調整を行うなど、新型コロナウイルス感染対策を講じる。4月1日からイベント・出店の参加者を募集する。

 オビヒロホコテンは、2006年から毎年6~9月の日曜日に開催。ボランティアによる実行委が運営し、各種団体が持ち込み形式で企画を行い、中心市街地のにぎわいづくりに取り組んできた。20年、21年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全日程を中止した。

 今年のテーマは「Slow and Easy(スロー&イージー)」で、従来のにぎやかな雰囲気から、3密を避け、のんびり、ゆったりとした印象のホコテンを楽しんでもらう。

 開催基準は、まん延防止等重点措置などの適用期間または道の警戒ステージが3以上の場合は中止。それ以外の場合は感染状況に応じて、開催可否や内容の変更を2週間前までに運営会議で判断する。

 4月12日午後7時から、帯広市役所で出店予定者、ボランティア希望者などが参加できる全体会議を行う。

 実行委の金澤和彦事務局長は、「コロナ禍で社会も閉塞(へいそく)的だったが、少しずつ前向きな状況になってきた。来場者や参加者に安全対策への協力をいただき、開催したい」と話した。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク