全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

卒業シーズン迎える 郡内小学校 32校633人が巣立つ

堂々と卒業証書を受け取る登野城小学校の卒業生=23日午後、同校体育館

サプライズで卒業生を祝福したきいやま商店の3人=23日午後、登野城小体育館

 郡内小学校の卒業式シーズンがピークを迎えている。今年は郡内公立小学校と海星小学校、八重山特別支援学校小学部を含め32校で計633人が卒業する。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者のみの参加とするなど規模を縮小して開催。出席できない在校生のためにライブ中継する学校もあった。

 このうち登野城小学校(棚原広幸校長、674人)では、23日午後1時30分から式を実施。卒業生105人が卒業証書を受け取り、6年間過ごした学び舎を巣立った。

 棚原校長は式辞で「どんな時も前向きな考えやチャレンジ精神でこれからの未来をつくっていってください」と旅立つ児童らを鼓舞。保護者を代表して仲本英男さんが「楽しいことがあったらマスクをしても分かるくらい笑ってください。顔を見て伝えたいことはしっかり伝えてください。応援している人がたくさんいることを忘れないでください」とエールを送った。

 在校生を代表して、高良初音さん(11)が「みなさんから学んだ一つ一つを大切に引き継ぎ、141年目の歩みをしっかりと踏みしめ、輝きいっぱいの登野城小学校を築いていけるようみんなで力を合わせてがんばります」と決意し、卒業生を祝福した。

 卒業生を代表して、慶田盛信翔さん(12)は「140周年の節目に石垣島で最も歴史のある登野城小学校に通い、卒業できることをうれしく思う。これからも私たちの活躍と登野城小学校の発展を応援をお願いします」と門出のことばを述べた。

 この後、創立140周年記念式典の功労者として砂川栄秀さんに感謝状が贈られた。式の最後には同校卒業生のきいやま商店の3人がサプライズで「また明日」を歌い、卒業を祝った。

 式は、新型コロナ感染対策のため、人数の制限や時間短縮を行った。

 今年の卒業生は、石垣市561人、竹富町53人、与那国町19人。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク