全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御柱祭下社山出し曳行迂回路「御柱古道」を整備 長野県下諏訪町

下社山出しの曳行路と並行する「御柱古道」の傷んだ木橋を補修した下諏訪町職員

 長野県下諏訪町は23日、諏訪大社御柱祭下社山出しの曳行路である県道八島高原線と並行して北側の山腹を通る遊歩道「御柱古道」の、職員による整備作業を行った。古道は御柱の曳き出し地点「棚木場」から「斧立社」までを結ぶ総距離1700メートルの小道で、混雑する山出し曳行路の迂回路として使われてきた。今回、通常時も森林浴を楽しむ散策路として整備する。工事は3月末に完了予定。

 森林の公益性を高める活動などに助成する県林業コンサルタント協会の「森と人いきいき助成事業」の補助金500万円を活用。これまでに、斧立社や蝶ケ沢、鼓舞沢橋、野田ケ沢、棚木場など県道との接続路がある6カ所に案内看板を設置。次のポイントまでの距離や所要時間、マップなどを載せ、散策しやすい環境を整えた。

 昨年8月の豪雨で古道にある木橋20基のうち5基が流失したため、業者が鉄製の橋を設置する工事も順次進めている。

 23日は、町産業振興課職員5人が傷んだ木道の補修作業を行った。当初、山出し前に大総代らと協力して実施する予定だったが、新型コロナウイルス感染症予防の観点から職員のみで行った。棚木場近くの木橋では、橋下の土砂を取り除いたり、丸太を新しいものに取り換えたりし、針金で固定した。

 同課担当者は「今回は山出しの曳行がなくなり、祭り本番では使用しないが、観光資源として通常時でも御柱祭を感じながら歩き、心と体のリフレッシュにつなげてほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク