全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

オリジナルのかんきつ実る 10年前に有志が受粉

酸味が料理人に好評というオリジナル品種のかんきつの実

 和歌山県田辺市上秋津の農家、原拓生さん(53)の畑で、かんきつの新品種をつくろうと、10年ほど前に有志が受粉作業をして種から育てた木が成長し、オリジナルの品種として実をつけた。「清見」と「安藤ミカン」を掛け合わせたものなどがある。新品種として正式な登録はしていないが、酸味など独特な味わいを気に入り、早速、料理に使ったシェフもいるという。

 アートを通じた地域活動をしている同市中屋敷町の廣本直子さん(46)らの団体が2012年と13年、多くの品種のかんきつを栽培する原さんや、県果樹試験場の協力を得て、都市部と地元の人が交流しながらかんきつ類を掛け合わせて、新品種をつくる取り組みをした。
 東京都内のIT企業社員や地元の人らが、掛け合わせる品種をいくつか選び、めしべに花粉をつけて、他の花粉が入らないように袋がけをした。その後、原さんが受粉してできた果実から種を取り、それを苗木にして育てた。
 接ぎ木はせずに、種からそのまま木に育てた「実生(みしょう)」栽培。途中で枯れた木もあったが、残った20本が大きくなり、樹高は約3メートルまで成長。早い木は一昨年から実をつけたが、今年初めて実をならせた木が多かった。
 原さんによると、清見と安藤ミカンを掛け合わせてできた実は、酸味や白ワタの部分の甘みを気に入った有名料理店のシェフがおり、実際に料理やデザートに使うなどし、「増やしてほしい」という要望もあるという。ほかにも、「ハッサク」と「カラマンダリン」、「清見」と「河内晩柑」の掛け合わせなどもある。これらオリジナル品種の収穫時季は1~4月ごろにかけてという。
 受粉時にアドバイスした、県果樹試験場の栽培部長、中地克之さん(51)は「農家ではない一般の人でも、このように新たな品種の育成は可能で、喜びにもなる。地域でこんな取り組みが増えると活性化にもなると思う」という。
 廣本さんは「ミカンのことや地域のことをより深く知ってもらおうと始めた取り組み。世話をしていただいた原さんのおかげでできたことだし、また、皆さんに田辺に来てもらえる企画をしたい」と語る。
 原さんは「特徴ある実ができて面白い。せっかく誕生した実なので、それぞれ使ってもらえる場所を見つけたい。また来年、新型コロナが落ち着いて可能な状況であれば、受粉作業に参加した人たちで試食会のようなこともしたい」と話している。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク