全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

明るい雰囲気あふれ JR酒田駅「地下道アートギャラリー」

酒田飽海の生徒たちが描いた作品が並ぶ「地下道アートギャラリー」

 酒田警察署(増川高広署長)管内の中学・高校の美術部員たちが作成した絵画が酒田市のJR酒田駅地下道の壁面を彩り11日夕、開所式が行われた。地下道は明るく華やいだ雰囲気となり、「うまいごと」と話しながら行き来する歩行者の姿が見られた。

 2003年に同地下道で発生した恐喝未遂事件を契機に、市と同署が翌年から、駅周辺の環境浄化などを目的に「地下道アートギャラリー」と称し、全国一斉に展開中の「全国地域安全運動」(20日まで)の一環として企画。絵画は毎年、更新している。

 14回目を迎えた今年は酒田、遊佐両市町の中学・高校の美術部員らが自由なテーマで作成。作品はいずれも縦90センチ、横180センチの大きさ。地下道通路の中央部左右の壁面に計14点(中学8点、高校6点)を飾っている。

 JR酒田駅会議室で行われた開所式には、絵画制作の生徒たちと共に、青少年健全育成団体の役員らが参加。同市の桐澤聡市民部長が「暗い地下道の中で皆さんの絵画を見ると、ほっとする。これからもそれぞれの学校の伝統として継続して」、増川署長が「限られた時間の中で素晴らしい作品を制作してもらい、感謝。引き続き安全・安心な地域づくりに協力を」とそれぞれあいさつ、地下道前に移動して生徒代表らと共にテープカットした。

 鳥海山や丸池、山居倉庫、酒田灯台、傘福といった酒田、遊佐を代表するものを題材に描いた作品が多く並んだ他、中には酒田ラーメンも。地下道に明るい雰囲気を醸し出している。同署によると、来年秋まで飾るという。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク