全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紅葉に雪 ぬかびら0.2度

鮮やかに色づいたカエデの葉に積もった雨交じりの雪(上士幌町ぬかびら源泉郷で)

 十勝地方は12日も寒気の影響が続き、上士幌町ぬかびら源泉郷では朝の最低気温が0.2度まで冷え込んだ。冬の足音が近づく中、同日午前の三国峠(同町)は雪景色に包まれ、紅葉と雪が共演した。

 帯広測候所によると、12日朝の最低気温は他に、中札内村上札内と新得各3.1度、上士幌3.5度など。三国峠は数センチの雪が積もり、国道を管理する帯広開発建設部は未明に除雪車を出動させた。同部は、峠を通行する場合は冬タイヤの装着を呼び掛けている。

 11日の十勝地方は平年より強い寒気が入り、冷たい東風や雨が降った影響で気温は上がらなかった。帯広の最高気温は9.7度と今季初めて10度を下回った。平年より7.1度低く、11月上旬並みの気温。最高気温が18.7度だった10日から、寒暖差が大きくなった。

 13日は天気が回復し、帯広は晴れの予報。予想最高気温は14度。

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク