全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紅葉に雪 ぬかびら0.2度

鮮やかに色づいたカエデの葉に積もった雨交じりの雪(上士幌町ぬかびら源泉郷で)

 十勝地方は12日も寒気の影響が続き、上士幌町ぬかびら源泉郷では朝の最低気温が0.2度まで冷え込んだ。冬の足音が近づく中、同日午前の三国峠(同町)は雪景色に包まれ、紅葉と雪が共演した。

 帯広測候所によると、12日朝の最低気温は他に、中札内村上札内と新得各3.1度、上士幌3.5度など。三国峠は数センチの雪が積もり、国道を管理する帯広開発建設部は未明に除雪車を出動させた。同部は、峠を通行する場合は冬タイヤの装着を呼び掛けている。

 11日の十勝地方は平年より強い寒気が入り、冷たい東風や雨が降った影響で気温は上がらなかった。帯広の最高気温は9.7度と今季初めて10度を下回った。平年より7.1度低く、11月上旬並みの気温。最高気温が18.7度だった10日から、寒暖差が大きくなった。

 13日は天気が回復し、帯広は晴れの予報。予想最高気温は14度。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク