全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新種のハゼ 奄美大島で国内初確認  和名は「モンロユカタハゼ」  鹿大総合研究博物館 20年前に採取の標本調査

鹿児島県奄美大島で採集された「モンロユカタハゼ」(萩原清司氏撮影)

 鹿児島大学総合研究博物館などの研究チームは、鹿児島県奄美大島沿岸で約20年前に採集されたハゼ科の魚類が、フィリピンなどで新種と確認された「ハゼウス・プロフスス」であることが分かったと発表した。国内で確認されたのは初めて。体の模様が浴衣などに使われる織物・紋絽(もんろ)の文様に似ていることから、「モンロユカタハゼ」と和名を付けた。

 鹿大総合研究博物館と横須賀市自然・人文博物館(神奈川県)の研究チームが、3月1日に出版された日本動物分類学会の和文誌「タクサ」に論文を発表した。

 鹿大総合研究博物館によると、モンロユカタハゼは体長約2・5センチ、淡い褐色の体の側面に黒っぽいまだら模様が並んでいる。1999年11月に瀬戸内町阿鉄沿岸の水深10メートル付近の砂泥底で採集されたが、種は特定されていなかった。

 同博物館に所蔵されていた標本を調べたところ、ひれの形状や体の模様などの特徴から、フィリピンやソロモン諸島などで見つかり、2021年に新種と分かったハゼウス・プロフススであることを確認した。分布の北限記録はフィリピンのルソン島から奄美大島へ1000キロ以上更新された。

 同博物館の本村浩之教授は「奄美大島ではサンゴ礁の魚類が注目されがちだが、本個体が採集された内湾の砂泥域にも興味深い生態系が広がっている。目立たなくても、豊かな生物多様性を誇る奄美の砂泥域の調査を進めていきたい」と述べた。

関連記事

ドイツ鉄道街並み再現 池田の君島さん 帯広児童会館で

 帯広市児童会館で8日、「鉄道模型の世界~ドイツ鉄道とクリスマス展」が始まった。池田町の元町職員君島利彦さん(64)が制作したドイツの街並みのジオラマと鉄道模型が並べられ、老若男女の注目を集め...

宇部日報社

ゆうれい寿司PRに市職員ら有志の〝ゆうれいシスターズ〟【宇部】

 宇部市吉部地区に伝わる郷土料理「ゆうれい寿司(ずし)」。名前もユニークな古里の味を全国に発信しようと、幽霊に扮(ふん)した宣伝隊〝ゆうれいシスターズ〟が販促イベントで活躍している。「怖いけど...

荘内日報社

東京米スター最高金賞 若手生産者グループ 鶴岡ファーマーズ 鶴岡の資源循環の..

 東京都内の米屋が審査員となって全国から寄せられたブランド米を審査する「東京米スターセレクションKIWAMIコンテスト2023」で、鶴岡市内の若手農家でつくる鶴岡ファーマーズ(石塚寛一代表)が出品した...

長野日報社

中ア3山荘の改修着手へ 基金積み立ても 長野県宮田村

 長野県宮田村は老朽化が進む中央アルプス宮田地籍内で営業する宝剣・頂上・天狗の3山荘の改修工事を2024年度から着手する。特に緊急性の高い宝剣・頂上を優先。また将来的な3山荘の大改修を視野に、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク