全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市社会福祉協議会と長門南部地区郵便局長会が協定 宇部

協定書に調印した小倉会長(左)と有田会長(福祉会館で)

 宇部市社会福祉協議会(有田信二郎会長)と長門南部地区郵便局長会(小倉雄二会長、95人)は17日、地域福祉の向上についての包括連携協定を結んだ。災害時の局長会からのボランティア派遣や、地域課題解決への支援などに協働して取り組み、共生社会の実現を目指す。     協働事項は▽災害時の連携▽高齢者・障害者への支援▽市社協の広報-など。災害時には、社協がボランティア募集に関する情報を提供し、局長会の会員らが参加した際には、ボランティア保険の加入手続きと掛け金の補助を行う。     郵便局長会としては中国地方で初めてとなる市社協との包括連携協定。宇部、山陽小野田、下関市内の郵便局長でつくる同地区局長会の総務理事を務める五十崎良さん(則貞郵便局長)からの提案を受け、両者で協定締結に向けて協議を重ねてきた。     全国郵便局長会では、局内での業務の枠を超えてさまざまな地域貢献活動に取り組んでおり、その一環として会員の防災士の資格取得も推進している。同地区局長会でも約9割の会員が資格を持ち、防災の啓発などを行っている。     調印式は福祉会館であり、有田会長は「地域に根を張る郵便局の機動力をぜひ活用させてほしい。いつ災害が起こるか分からない今、共に地域を支援する体制をつくっていきたい。可能な限り、協力と支援を頂けたら」とあいさつ。小倉会長は「地域の発展に貢献するという目的、考えは同じ。災害時には局長会内の防災士によるスピード感を持った支援ができれば。地区内外にも働き掛けて活動のネットワークを広げていきたい」と話した。     今後は定期的に協議の場を設け、地域福祉の推進支援など具体的な活動について話し合っていく。

関連記事

ドイツ鉄道街並み再現 池田の君島さん 帯広児童会館で

 帯広市児童会館で8日、「鉄道模型の世界~ドイツ鉄道とクリスマス展」が始まった。池田町の元町職員君島利彦さん(64)が制作したドイツの街並みのジオラマと鉄道模型が並べられ、老若男女の注目を集め...

宇部日報社

ゆうれい寿司PRに市職員ら有志の〝ゆうれいシスターズ〟【宇部】

 宇部市吉部地区に伝わる郷土料理「ゆうれい寿司(ずし)」。名前もユニークな古里の味を全国に発信しようと、幽霊に扮(ふん)した宣伝隊〝ゆうれいシスターズ〟が販促イベントで活躍している。「怖いけど...

荘内日報社

東京米スター最高金賞 若手生産者グループ 鶴岡ファーマーズ 鶴岡の資源循環の..

 東京都内の米屋が審査員となって全国から寄せられたブランド米を審査する「東京米スターセレクションKIWAMIコンテスト2023」で、鶴岡市内の若手農家でつくる鶴岡ファーマーズ(石塚寛一代表)が出品した...

長野日報社

中ア3山荘の改修着手へ 基金積み立ても 長野県宮田村

 長野県宮田村は老朽化が進む中央アルプス宮田地籍内で営業する宝剣・頂上・天狗の3山荘の改修工事を2024年度から着手する。特に緊急性の高い宝剣・頂上を優先。また将来的な3山荘の大改修を視野に、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク