全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オオゴマダラ 古堅さん夫婦が保護活動

約2年前から、大浜一番地でサナギになったオオゴマダラを移動し、羽化させて放す活動をしている古堅美佐さん=11日午前、石垣市大浜のビューティーサロンミサ

 石垣市大浜の古堅力(つよし)さん(69)と美佐さん(同)夫妻は、経営するヘアサロン西側の「大浜一番地」(舘田末子代表)でサナギになったオオゴマダラを、外敵や天災から守るために同サロンに移動させて羽化させ、放す活動を2年前からボランティアで行っている。これまで約50頭を放蝶、保護に一役買っている。  サナギがヤモリやカマキリなどに食べられたり、台風で強風にあおられて地面に落ちたりしているのを見かけたのがきっかけ。  大浜一番地には2011年の開所時、東側の柵付近に植えられたホウライカガミがあり、特に4~5月にはオオゴマダラの幼虫がたくさんつくという。古堅夫妻は水やりや防風ネットの設置など、世話もボランティアで行っている。  サナギは葉ごと切り取って同サロン内の竹にテープでとめており、大浜一番地に竹ごと持っていったことも。同施設の職員は「利用者に見てもらった。そうすればいいんだと勉強になった。守っていただいてありがたい」と感謝。  美佐さんは「サナギを初めて見る人も多く、驚かれる。これからも守り続けていきたい」と笑顔で語った。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク