全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

中川村に初の盲導犬 佐々木さん「協力を」

中川村で暮らす盲導犬のジップと佐々木さん

 中川村片桐横前の佐々木育子さん(58)は今月から盲導犬と暮らす。盲導犬の運用には周囲の協力が必要で、訓練に当たった日本盲導犬協会日本盲導犬総合センター(静岡県富士宮市)では「盲導犬との接し方にはいくつかのルールがあり、皆さんの協力や理解をお願いしたい」と呼び掛けている。

 村内で盲導犬が生活するのは初めて。佐々木さんは15年前に右目、4年前に左目の視力を病気で失い、盲導犬との暮らしを望んだ。今春から犬の訓練に入り、同センターや同村の自宅で練習を続けていた。犬種は黒のラブラドールレトリバー(雄、4歳)で名前は「ジップ」。同センターが無償貸与する。「おっとりとした性格でかわいい犬」(佐々木さん)だ。

 盲導犬との接し方について同センターの佐野智浩センター長(46)は▽誘導に集中する盲導犬に周囲の人は声を掛けない▽誘導中でも佐々木さんとの会話は可能▽佐々木さんが困っている場合は声を掛ける▽餌はやらない▽犬に触らない―などを挙げ、「盲導犬は法律により病院、飲食店、商店などへの立ち入りを許されている。迎える側の協力もお願いしたい」と述べた。

 佐野センター長らは11日、村役場に宮下健彦村長を訪ね、今後の協力を求めた。宮下村長は「佐々木さんやジップが暮らしやすい環境を整えたい」と約束。佐々木さんは「最近はジップと息が合って道を間違えることも少ない。できるだけ外に出歩きたいので、皆さんのご協力をお願いします」と話していた。

 同協会が関係する県内の盲導犬はジップを含め、計21匹になった。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク