全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

中川村に初の盲導犬 佐々木さん「協力を」

中川村で暮らす盲導犬のジップと佐々木さん

 中川村片桐横前の佐々木育子さん(58)は今月から盲導犬と暮らす。盲導犬の運用には周囲の協力が必要で、訓練に当たった日本盲導犬協会日本盲導犬総合センター(静岡県富士宮市)では「盲導犬との接し方にはいくつかのルールがあり、皆さんの協力や理解をお願いしたい」と呼び掛けている。

 村内で盲導犬が生活するのは初めて。佐々木さんは15年前に右目、4年前に左目の視力を病気で失い、盲導犬との暮らしを望んだ。今春から犬の訓練に入り、同センターや同村の自宅で練習を続けていた。犬種は黒のラブラドールレトリバー(雄、4歳)で名前は「ジップ」。同センターが無償貸与する。「おっとりとした性格でかわいい犬」(佐々木さん)だ。

 盲導犬との接し方について同センターの佐野智浩センター長(46)は▽誘導に集中する盲導犬に周囲の人は声を掛けない▽誘導中でも佐々木さんとの会話は可能▽佐々木さんが困っている場合は声を掛ける▽餌はやらない▽犬に触らない―などを挙げ、「盲導犬は法律により病院、飲食店、商店などへの立ち入りを許されている。迎える側の協力もお願いしたい」と述べた。

 佐野センター長らは11日、村役場に宮下健彦村長を訪ね、今後の協力を求めた。宮下村長は「佐々木さんやジップが暮らしやすい環境を整えたい」と約束。佐々木さんは「最近はジップと息が合って道を間違えることも少ない。できるだけ外に出歩きたいので、皆さんのご協力をお願いします」と話していた。

 同協会が関係する県内の盲導犬はジップを含め、計21匹になった。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク