全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

日本童画大賞の受賞作並ぶ 長野県岡谷市のイルフ童画館

絵本部門のダミー絵本を手に取ることもできる日本童画大賞受賞作品展

長野県岡谷市のイルフ童画館で、第11回武井武雄記念日本童画大賞の受賞作品展が開かれている。日本童画大賞を受賞したタブロー部門の「真夜中の訪問者」、絵本部門の「おかしなおかしのおかしなはなし」、こども絵本部門イルフ賞の「このアリクイはなぜか木から下りたことがない」をはじめ、入賞・入選作品を展示している。21日まで。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月に開く予定が延期になっていた。会場の同館1階はらっぱには、タブロー部門のタブロー画(1枚絵)10点、絵本部門の11作品の原画15点、こども絵本部門の7作品の原画7点を展示。絵本部門の応募全104作品のダミー絵本も並べた。

「異界の住人」をテーマとしたタブロー部門は、鬼や妖精など多彩なモチーフで1点ずつ趣が異なる作品がずらり。絵本部門はダミー絵本を手に取って見ることができる。こども絵本部門は子どもならではの豊かな発想の作品を紹介している。

同館では「応募作品のクオリティーが上がっている。大賞への熱い思いが感じられるので、審査員になったつもりでお気に入りを探して楽しんでもらえたら」と来館を呼び掛けている。

受賞作品展は入場無料。岡谷市と同館は21日午前11時から、オンラインによる授賞式をカノラホールで開く。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク