全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アンモナイト展示拡充 むかわ町穂別博物館 常設コーナー入れ替え

むかわ町穂別博物館は、アンモナイト化石の常設展示コーナーを入れ替え、拡充した。穂別産のアンモナイトをはじめ、これまで常設展示できなかった新種のアンモナイトを飾るなどして、中生代白亜紀中頃から後期までの時代を追って見ることができるように工夫。関係者は「他の博物館では見ることができないものがたくさんある」とアピールしている。

大幅に種類を増やして、常設展示を充実させた穂別博物館のアンモナイト化石の展示コーナー

 同博物館によると、道産のアンモナイトは主に白亜紀中頃のアルビアン期(約1億3000万~1億年前)から白亜紀末のマーストリヒチアン期(7200万~6600万年前)にかけて産出。穂別産を中心に、道内他地区で見つかっているアンモナイトと共に時代に沿って並べ、2月下旬から展示している。

 今回新たに展示したのは、これまで企画展などでしかお目に掛かれなかった新種の「ディディモセラス・ヒダケンゼ」(浦河町)、「メヌイテス・アーマータス」(日高―新冠町)などを含む125種237点。従来の45種189点から大幅に増やした。

 同博物館の西村智弘学芸員は「アンモナイトは道内で多種多様に見つかっているが、穂別ではアルビアン期からマーストリヒチアン期にかけてどの時代からも採集できており、展示全体の約半分を占める」と説明。237点中111点を寄贈しているアンモナイト研究家で同博物館ボランティアの伊豆倉正隆さん(67)=札幌市在住=は、「アンモナイトは示準化石とも言われており、時代の変化とともに形も変わっていった。新しい種類が生まれ、古いものは衰退していった」と言い、「珍しいだけではなく、穂別博物館でしか見られない化石がたくさんある」と話した。

 日本古生物学会元会長で九州大学総合研究博物館の前田晴良教授によると、「アンモナイトの”種”を科学的に定義するには、子どもから大人までの成長の変化を把握しなければならないが、断片的な標本に基づいて記載された種もあるなど必ずしも十分ではなかった」と指摘。穂別博物館での新たな展示は「私が知る限り最も完璧な保存状態のえりすぐりの化石から成り、成長に伴う変化の様子が非常によく分かるので専門家も注目している。新種の発見はもとより、既存種についても研究の進展が期待できる」とコメントを寄せた。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク