全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋の子育てなどに救いの手

開設された「こども若者総合相談支援センター」内=豊橋市松葉町で

 子育ての不安や不登校、就労など、子ども、若者、家族らの困りごとの相談に乗り、支援する「こども若者総合相談支援センター」を、豊橋市が11日、松葉町3にオープンさせた。官民連携による柔軟で迅速に応じる体制を整備した上、電話、土・日曜の対応など相談しやすい環境を整えた。  市内でも、不登校や引きこもり、虐待、生活困窮、ニートなど困りごとを抱える子ども、若者、家庭らの事例があり、同センターは妊産婦のほか、子ども、若者ら40歳未満の人らを対象にそれぞれの成長段階で直面した困りごとの相談に応じ、切れ目のない適切な支援につなげていく。家族らからも受け付ける。  センターには保健師ら専門職員を配置。行政と連携し、子どもらの相談に乗っている東三河セーフティネット(金田文子代表理事)も市の委託を受け、相談支援業務の一部を担う。  市こども未来館ここにこの東隣の建物1階に開設され、子ども、若者に「ココからエールを送ります」の意味を込め愛称を「ココエール」と名付けた。室内は受付、相談室などがある。開館時間は、月~金曜が午前9時から午後7時で日曜は午後5時まで。土曜は、ここにこ子育てプラザで個別相談(午前9時半~午後5時)。祝休日、年末年始は休館する。  センターでは「まず電話で相談を」と呼び掛ける。総合相談受付が0532・54・7830(悩みゼロ)、子ども専用は0800・200・7832(県内からの通話無料)。ウェブは「豊橋ココエール」で検索し、メールでも受け付ける。  11日は開所式があり、佐原光一市長が「どこへ相談したらいいのか、勇気のいることでもあり、とびこみやすい場所として開設、救いの手が差し伸べられたらと思う。まずはこの場、センターを知ってください」とあいさつした。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク