全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋の子育てなどに救いの手

開設された「こども若者総合相談支援センター」内=豊橋市松葉町で

 子育ての不安や不登校、就労など、子ども、若者、家族らの困りごとの相談に乗り、支援する「こども若者総合相談支援センター」を、豊橋市が11日、松葉町3にオープンさせた。官民連携による柔軟で迅速に応じる体制を整備した上、電話、土・日曜の対応など相談しやすい環境を整えた。  市内でも、不登校や引きこもり、虐待、生活困窮、ニートなど困りごとを抱える子ども、若者、家庭らの事例があり、同センターは妊産婦のほか、子ども、若者ら40歳未満の人らを対象にそれぞれの成長段階で直面した困りごとの相談に応じ、切れ目のない適切な支援につなげていく。家族らからも受け付ける。  センターには保健師ら専門職員を配置。行政と連携し、子どもらの相談に乗っている東三河セーフティネット(金田文子代表理事)も市の委託を受け、相談支援業務の一部を担う。  市こども未来館ここにこの東隣の建物1階に開設され、子ども、若者に「ココからエールを送ります」の意味を込め愛称を「ココエール」と名付けた。室内は受付、相談室などがある。開館時間は、月~金曜が午前9時から午後7時で日曜は午後5時まで。土曜は、ここにこ子育てプラザで個別相談(午前9時半~午後5時)。祝休日、年末年始は休館する。  センターでは「まず電話で相談を」と呼び掛ける。総合相談受付が0532・54・7830(悩みゼロ)、子ども専用は0800・200・7832(県内からの通話無料)。ウェブは「豊橋ココエール」で検索し、メールでも受け付ける。  11日は開所式があり、佐原光一市長が「どこへ相談したらいいのか、勇気のいることでもあり、とびこみやすい場所として開設、救いの手が差し伸べられたらと思う。まずはこの場、センターを知ってください」とあいさつした。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク