全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

JA庄内たがわ 庄内柿の出発式

今年の出来を確認する関係者ら

 JA庄内たがわ(黒井徳夫組合長)の庄内柿が初出荷を迎え、鶴岡市羽黒町のJA庄内たがわ中部選果場で12日、今後の順調な生育と安全な出荷を祈願する出発式が行われた。シーズン中、約7割が北海道で販売されるほか、関東、関西へも出荷予定。県内の店頭に並ぶのは16日ごろから。

 同JAによると今シーズンは、果実肥大、着色とも平年並み。収穫は前年より5日ほど早く推移しており、「刀根早生」は10月中旬、主力の「平核無(ひらたねなし)」は10月下旬にそれぞれ最盛期を迎えるという。

 管内で合わせて約2500トン(前年比約230トン増)の出荷を目指すが、一年を通じて寒暖差が激しく、ひょう害もあったことから同JAで取り組む「大玉生産65%以上」は厳しいとの見方もある。

 初出荷のこの日は、刀根早生を中心に、石橋早生など合わせて約4・5トンを北海道へ出荷。トラックの前で出発式が行われ、関係者約50人が出席した。神事で安全祈願し、テープカットして出発を見送った。

 生産者で庄内柿生産振興協議会長の菅原勉さん(59)=同市馬渡=は「多雨などでこれまで小玉の傾向があるが、主力の平核無が大きく育つよう、今後の天候に期待したい」と話した。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク